安い宅配クリーニング全国マップ

毎日の家事がスムーズになる洗濯時短テクニックとは

メニュー

毎日の家事がスムーズになる洗濯時短テクニックとは

毎日の家事がスムーズになる洗濯時短テクニックとは

毎日の家事がスムーズになる洗濯時短テクニックとは

主婦直伝!洗濯時短テクニック

工程が多い洗濯を時短させるには2つのポイントを押さえよう

小さい子どもがいると目が離せないので家事は一苦労。とくに洗濯は、洗濯物を分別する・洗濯機を回す・干す・取り込む・たたむ・しまうと工程が多いので、なんとか短い時間で済ませたいと思っている方も多いのでは?洗濯時間を短縮するポイントは作業の前にあらかじめ「仕分け」をし、最後は「たたまずに収納」すること!主婦業で培った時短テクニックを詳しく紹介していきます。

今すぐ試したい7つの洗濯時短テクニック

洗濯に必要な各工程で、少しずつ時短できるテクニックをご紹介します。ひとつひとつで節約できる時間はわずかでも、まとまるとかなりの節約になります。ほぼ毎日洗濯することを考えると、小さな時短が大きな時短につながります。

1.脱ぎながら仕分け、すぐ洗うものはそのまま洗濯機へ

脱衣カゴをいくつか用意し、手洗いが必要なもの・色落ちが気になるものと脱いだ時点で仕分けしてしまいましょう。そのまま洗濯機で洗うものは、わざわざカゴを用意せず直接洗濯機へ放り込んでしまえばOKです。その都度仕分けをすることで作業量が分散されるので、1つの作業に長い時間をとられることがなくラクになります。

2.洗濯機から取り出すときは仕分けながら

洗濯が終わって取り出すときも、衣類の種類別に仕分けながら行ないます。Tシャツ・ズボン・靴下・タオルなど分けておくことで、干す際にハンガーにかける・洗濯バサミにはさむなど同じ作業をまとめて行なうことが可能。これだけで干す時間を5分の1に短縮できます。

3.全部乾いてから一気に取り込む

乾いた洋服から取り込む人もいるかもしれませんが、いちいち確認しながら取り込んでいると、結局時間がかかってしまいます。1つが乾いていても他が乾いていなければそのままにして、全部乾いてから一気に取り込むようにしましょう。

4.基本はハンガーにかけたままクローゼットへ

トップスやズボンなどハンガーにかけて干しているものは、乾いた後そのままクローゼットに移動させてください。洋服をたたむ作業は時間がかかるので、ついつい後回しにして洗濯物が溜まりがちになってしまいます。できるだけたたんで収納する洋服を減らすことが時短の近道。

5.タオルや靴下などはかごを用意してポイッ

ハンガー収納は場所を多くとってしまうため、タオル・靴下・部屋着などシワの気にならない衣類はそれぞれカゴを用意してその中に入れて収納しましょう。ふた付きのカゴをつかえば中が見えないので、ごちゃごちゃした感じを隠せますよ。

6.除湿機と換気扇で乾燥を早める

室内に干して自然乾燥させると乾かすのに24時間以上かかる洗濯物。換気扇を回せば18時間、換気扇+扇風機で11時間、換気扇+除湿機で6時間に短縮することができるんです!6時間で乾くなら寝る前に干しても朝には取り込めるので便利ですよ。

7.作業がしやすい動線につくり変える

作業をスムーズにするには、洗濯機・物干し場・収納スペースをなるべく近くにまとめることが効果的です。洗濯機や干す場所はなかなか移動できないことも多いので、少なくとも収納スペースは物干し場の近くに設置しましょう。

宅配クリーニングは究極の時短洗濯術

袋に服を詰めるだけで洗濯できちゃう究極の時短術

洗濯にかかる時間を減らして他の家事にまわす時間を増やしたいなら「宅配クリーニング」を利用するという手もあります。注文すれば専用の袋が届くので、あとは洗って欲しい衣服を詰めるだけ。集荷やクリーニング、洗い終わった洋服の配達は業者が行なってくれるので手間がかからない究極の時短術です。プロが洗濯してくれるので仕上がりの良さも抜群。子育てが忙しくて洗濯している暇がない人や、今よりもっと洗濯の時間を短縮させたい人はぜひ一度試してみてくださいね。

実際に頼んで決めた!
宅配クリーニング比較ランキング
どのサービスが1位?結果はこちら