安い宅配クリーニング全国マップ

セーター、カーディガンなどニット類のクリーニング

スーツや洋服だけじゃない宅配クリーニングで頼めるアイテム

ニット(セーター、カーディガン)

カーディガン

クリーニングじゃなきゃお気に入りのニットが台無しに?

冬場に大活躍するニットアイテム。ふわふわで温かくてかわいいセーターやカーディガンはとても魅力的だけど、洗濯が難しい素材もあるのが難点ですよね。「インナーの上から着ているから大丈夫!」と洗濯を避けてオフシーズンに入る際にまとめてクリーニングに出す女子も多いようです。確かにインナーと比べると肌に直接触れる部分が少ないので皮脂汚れも多くはありませんが、ニット素材は空気中の汚れを吸着しやすいのが特徴。襟元や袖口は皮膚に触れるので、オフシーズンに1回のクリーニングだけではかなり不衛生です。

最近は自宅で洗えるニットもたくさん生まれています。まずは品質表示タグに描かれているマークをチェックしましょう。

「手洗い」と書かれた洗面器マーク…手洗いが可能です。数字が記載されている場合はその温度以下の水で洗ってください。 洗濯機の右端に小さな○がついたマーク…洗濯機の使用OK。洗濯ネットに入れ手洗いコースで洗いましょう。オシャレ着洗い用の洗剤を使うと◎。

上記どちらかのマークが記載されていれば、自宅で小まめに手入れできます。ただ、ニットはとてもデリケートな素材なので気をつけるポイントが多いです。アクリルやウールは30度以上の水で手洗いすると縮んでフェルト化してしまうので、水温に細心の注意をはらう必要があります。色移りする可能性もあるので、洗う前に目立たない箇所に洗剤をつけて色が落ちないか確認しましょう。洗った後も型崩れしないようにスチームアイロンを丁寧に当てなければなりません。

説明を聞いてお分かりいただけたと思いますが、ニット類の手入れはとても手間がかかります。ここまで細かな注意を払うのは、よっぽどの洗濯好きでない限り疲れてしまうでしょう。さらに刺繍やビジューなど凝った装飾が施されていたり、特殊なボタンを使用されていたりする場合、自宅では手入れ不可能。そこでおすすめなのが、面倒な手間を一挙に引き受けてくれる「宅配クリーニング」です。かさばるニットをまとめてふんわりと仕上げ、自宅まで届けてくれますよ。

ニットを洗う(クリーニングに出す)ベスト頻度は?

ニットを洗う頻度は人によって異なるものです。仕事や普段着として着るものであれば毎日、という人、匂いを嗅いで特に問題なければワンシーズンに1回のみ、という人もいます。毎回洗う人と洗わない人がどれだけいるかというと、75%が毎回洗わないという回答です。ニットを衛生的に保つための洗う頻度はどの程度なのでしょうか。

セーターをクリーニングに出すベスト頻度というのは、実は厳密にはありません。ニットの素材や、その日の行動により、クリーニングに出した方がよいか否かも変わりますので、回数ではなく、着心地で決めるのがよいでしょう。一番汚れやすい首回りや袖周りが汚れてきた、または形が少し崩れてきたと思えてきたら、ニットを洗うタイミングと考えるのがよいでしょう。

ニットを洗う際の注意点は?

ニットを洗濯機で洗うと、ゴワゴワと手触りが悪くなったり、毛立ちが激しくなったり、傷んでしまうこともあります。ソフトな肌感触を残すためには、自分で手洗いするとよいですが、方法を間違うと縮んでしまうことも可能性があるので注意が必要です。

ニットを手洗いする際の注意点は、お湯の温度です。30度前後のぬるめのお湯を使用し、最初に使用する水温と、洗い終わった時に使用する水温が変わっていないかに注意してください。水温の変化が大きいと縮む可能性があります。また、洗剤はおしゃれ着洗い用洗剤などの中性洗剤を使用するようにします。洗剤は直接かけず、お湯に入れて優しく、押し込むように洗いましょう。洗いは5分以内が目安です。脱水する場合は、タオルに包み水気を取るようにしましょう。

ニットのクリーニングが得意なオススメ3社

ニットを手洗いするのもよいですが、どうしても手間暇がかかって面倒なものです。簡単に洗濯を済ませたい、そして来シーズンも使えるように、品質が高いまま保存しておきたい、という方は、プロにお願いするのが一番です。ニットのクリーニングが得意な宅配クリーニング業者を紹介しますので、参考にしてみてください。

セーターの毛玉取り、シミ抜きも無料!特典の多いクリーニング店なら「リナビス」

質の高いクリーニングサービスを受けたいならば、リナビス。高品質なサービスを提供するために、利用会員数が1万人以上を超えた場合は、新規の受付を終了するという徹底ぶりです。手作業を中心としたクリーニング手法のため、納品までは10日〜20日と少し時間がかかるものの、セーターは納得のいく仕上がりが期待できるでしょう。価格は初回お試し価格で1点1,180円から。複数を一度に注文すると、1点あたりの金額が安くなります。通常であればシミ抜きやボタン修理、毛玉取りはオプション費用がかかるものですが、こちらでは無料で行ってくれるのも嬉しいポイントです。

セーターの種類から3つの洗濯コースを選べる「Pure Cleaning」

セーターの種類に合わせて3つの洗濯コースを用意している、「Pure Cleaning」。オゾンコース、シリコンコース、メンテナンスコースと分かれており、シルクやカシミアなどのデリケートなセーター用、上質を追求したいブランドものの洋服用、洋服のフルメンテナンス用、となっています。コースにもよりますが、最低価格はセーター1枚1,000円と、比較的安い価格設定です。また、仕上がりに納得できない場合は、全額返金保証もあるため初めての方も安心です。

服のトータルケアなら「美服パック」

「来季もキレイ」というのがコンセプトのクリーニング業者、美服パック。最安値が7,900円と通常のクリーニング専門店と比較すると、価格設定は少し高め。また衣納品も最短で10日と遅い日程ですが、それでも支持するユーザーは多数!その理由は、衣類を上質な状態に戻してくれるクリーニング能力にあります。まるで購入したてと同じくらいの品質で、返してくれます。国家資格を取得している職人さんが、時間と手間をかけて綺麗にしてくれるので、大好きなセーターもきっと納得の仕上がりが期待できます。

ニットを宅配クリーニングに出した場合のコスパは?

コスパ◎!面倒な手間を全部おまかせ

カーディガンやセーターをはじめとするニットアイテムのクリーニング相場は1着当たり400~600円ほど。自宅ではできないドライクリーニングで綺麗にしてくれるほか、ボタンの素材や形状に対して的確な乾燥方法で対応してくれます。ふっくら感を維持できる「タンブリング」という専門の乾燥方法もあるので、ふわふわのモヘアニットやざっくり編み目のケーブルニットでも型崩れしません。

自分でやると状態を悪化させてしまう毛玉取りもプロの手にかかればキレイに取れちゃいます。アイロンもしっかりかけてくれるので、シワやヨレ1つない綺麗な状態でニットが戻ってくるんですよ。

カシミアやウールなど獣毛素材になるとお値段が心配ですが、最近では値段変わらずに同じ「ニット」のくくりとして対応してくれる宅配クリーニング業者も増えています。ここまでの手間を400~600円ですべて請け負ってくれるというのは、かなりコスパが良いと言えます。

さらにお得に利用するコツは、複数点まとめて依頼すること。宅配クリーニングの良いところは、5点、10点と枚数が増えるごとに割引のある業者の多さです。ネットや電話で依頼をしたらクリーニングに出したい服を梱包して集荷業者を待つだけ。クリーニング会社へは集荷業者が届けてくれるので、何点依頼しても持ち運びの手間がないのが嬉しいですね。

詰め放題サービスについて詳しくはこちら

冬物クリーニングは保管サービスとの合わせ技で

翌年まで手間を丸投げ!保管サービスをチェック

セーターやカーディガンをクリーニングする際の業者選びのポイントは、「保管サービスの有無」。オフシーズンに出す冬物は、クリーニング後の衣替え作業が手間ですよね。とくにニット類は虫に食われやすいので保管が大変。

有名な宅配クリーニング業者だと洗濯倉庫が9か月、リネットが8か月、せんたく便は最大11か月の保管サービスがあるのでおすすめです。オフシーズンにニットをまとめて綺麗にした後、次に着る時期まで預かってもらっちゃいましょう。

保管サービスについて詳しくはこちら

実際に頼んで決めた!
宅配クリーニング比較ランキング
どのサービスが1位?結果はこちら