自宅でスーツを洗濯するときの基礎知識

自宅で洗えるスーツの見分け方

スーツについている洗濯表示をチェック!

スーツのお手入れとなるとクリーニングに出す人が多いようですが、最近では自宅でも洗濯が可能なスーツが増えてきています。洗濯できるスーツの見分け方として見るポイントが、スーツについている「洗濯表示マーク」です。

洗濯表示マークにはいくつか種類がありますが、そのなかでも代表的な洗濯表示が洗濯処理のマーク。手洗い・洗濯機の使用が可能という意味で、数字が表記されているものは水温の限度を表しています。洗面器に手が表記されている場合は手洗い、洗面器に×のマークがついていたら水洗いができません。

このように、マークによって適した洗い方が表示されているため、スーツを自宅で洗濯する場合は、洗濯表示マークで洗っても良いか確認し、どのように洗えばよいのかを把握することが大切です。

スーツを自宅で洗う洗濯方法

自宅でできるスーツを洗う方法とは?

では、実際どのようにスーツを洗濯すればよいのでしょうか。ここでは自宅でできるスーツの洗濯方法についてご紹介します。

1.洗濯する前にスーツをチェックする

洗濯をする前に、スーツのズボンの裏といった目立たない場所に洗剤の原液を5分ほどつけ、色落ちしないか確認するようにしましょう。落ちないことを確認したら、汚れやシミがないかをチェック。汚れやシミがある場合は、洗剤を塗り軽くなじませておくと汚れが落ちやすくなりますよ。

2.スーツを畳み、洗濯ネットに入れる

スーツを畳んで、洗濯する時に生地が傷まないよう洗濯ネットへ入れます。スーツを畳む際は、上着はボタンを外して2つ折りに、ズボンは折り目に沿って揃えて3つ折りに。スカートの場合も、2つ折りにして折り目が目立たないようにします。その際に、汚れが気になる部分が外側に向くように畳むのがポイント。折りたたんだ状態で、上下別々に洗濯ネットに入れます。

3.手洗い、または洗濯機で洗う

洗う準備ができたら洗面器を用意して洗剤を溶かし、スーツを浸します。その後は優しく押し洗いをして10~15分ほどつけ置き。時間になったらひっくり返して、さらに10分ほどつけ置きします。あとは、常温または冷水で洗い流すだけ。

洗濯機を使用する場合は、ドライコースを選択。洗剤は通常の弱アルカリ性の洗剤では洗浄力が強く生地を傷める可能性があるので、ドライ用洗剤を使用するようにしましょう。初めてスーツを洗濯する場合、洗濯機だと力加減ができず様子を見ることもできないため、手洗いで行うことをおすすめします。

4.洗濯機で脱水を行い陰干しする

洗った後は洗濯機で脱水を行います。その時に長時間の脱水は生地の型くずれを招いてしまうので、1分ほどで抑えるようにしましょう。脱水後はハンガーに吊るして陰干しをします。ハンガーは、型くずれを防ぐために肩の部分に厚みのあるハンガーを用意すると良いですね。

5.アイロンをかけて仕上げる

スーツがある程度乾いたらアイロンをかけて仕上げます。この時に少し湿っている状態でアイロンをかけるとシワが伸びやすくなります。アイロンをかける際はテカリが出ないよう、あて布をしてかけるようにしましょう。アイロンをかけたら完了です。

ご注意!洗濯した時に起きやすいトラブル

スーツの洗濯で起こりがちな2つのトラブルとは?

自宅でスーツが洗濯できるようになってきましたが、手間がかかるぶん洗濯時にトラブルが起きやすくなります。ここでは、洗濯時に起きやすい注意点をご紹介します。

色落ちや色あせ

特に注意が必要なのが色落ちです。事前に洗濯できるスーツかどうかのチェックを怠ってしまうと、洗濯後に色が変わっていて後悔することも。最初にチェックをしてOKだったとしても、何度も洗濯を繰り返すと全体的に色あせしてしまう恐れがあるので注意が必要です。

型くずれ

素材によっては洗濯することで生地が縮んでしまったり、シワが発生しやすくなったりします。縮みやシワは全体的に生地の形を変えてしまい、型くずれが発生してしまうので、洗濯する際は十分に気をつけましょう。

他にも、スーツによく使用されるウールは、普段のように洗濯をしてしまうとゴワゴワして肌触りが悪くなってしまいます。このように、間違った洗い方をしてしまうと、型くずれや生地を傷ませてしまいスーツをダメにしてしまう恐れがあることを覚えておきましょう。色落ちや型くずれなどが心配な人は、無理に自宅で洗濯するのではなく、クリーニングに出すことをおすすめします。

実際に頼んで決めた!
宅配クリーニング比較ランキング
どのサービスが1位?結果はこちら