安い宅配クリーニング全国マップ

布団のクリーニング

スーツや洋服だけじゃない宅配クリーニングで頼めるアイテム

布団クリーニングは本当に必要?

布団は、毎日使うものであるにもかかわらず、自宅の洗濯機で洗うことができません。重たい布団は業者に預けるだけでも大変ですから、宅配受付をしてくれる業者が便利です。ここでは、ライフスタイル別のメリットをご紹介します。

一人暮らしの布団をクリーニングに出すべき理由

万年床になりやすい

一人暮らしをしている方にとって、家事をする時間の確保は深刻な問題です。特に布団のケアは、休日以外に行うことは困難でしょう。朝干して出かけても、帰宅が夜ではせっかく干した布団が冷えてしまいます。しかし、週末が必ず晴れるとは限りませんし、予定が入っていることもあるでしょう。

このような問題から、なかなか布団を干せないという一人暮らしの方は多いです。実際、布団を干すのは月1回以下という方はが全体の3割近くあるという調査結果もあります。月1回どころか布団を畳む時間がなく、万年床になっている人もいるのではないでしょうか。布団の汚れは丸洗いすることで綺麗に落ちるため、自宅のケアが難しい場合は定期的に布団クリーニングを利用するのがおすすめです。

布団を預かってくれる

布団クリーニングを行えば、布団の雑菌や汚れを落として清潔にできます。ところが、そのあと適切に保管することができなければ、布団は再び湿気や虫、雑菌などに侵されてしまうでしょう。

せっかく綺麗にした布団に汚れやシミがついてしまわないようにするためには、正しい方法で保管する必要があります。しかし、一人暮らしの方にとって、布団の保管方法にまで気を配るのは難しいことです。それどころか、保管スペースすらとれないということもあるかもしれません。

そこで便利なのが、クリーニングをした布団をそのまま預かってくれる預かりサービスです。防ダニや防虫に気を配ったプロの保管で、次の季節を快適に迎えましょう。

一人暮らしにおすすめの宅配クリーニング業者

業者選びのポイント

布団クリーニング業者を選ぶときは、見た目の金額だけでなく、実際に支払うことになるトータル金額を比較することが大切です。自分が希望するメニューを依頼したときにいくらになるのかどうか、しっかり検討しましょう。また、自宅のスペースに限りがある一人暮らしの方には、保管サービスを行っている業者もおすすめです。

一人暮らしの方におすすめの宅配クリーニング業者
サービス名 総額 1点当たりの料金 送料 おすすめポイント
せんたく便
ふとんパック

≫詳しく見る≪
9,800円 4,900円 無料※北海道・沖縄・離島地域は、別途6,000円(税別) 指定パックの容量と点数の上限までを一律価格で利用できるパックです。キングサイズの布団は1点で2点分になりますが、反対に毛布などは2枚で1点分扱いになります。ダブルサイズでも1点分扱いなので、ダブル布団2枚を洗濯したい場合はお得です。
リネット
詰め放題

≫詳しく見る≪
15,000円 5,000円※3枚入った場合 無料 袋に入った分だけの定額料金というわかりやすさが魅力のパックです。布団圧縮袋を利用して詰めてもいいので、思った以上にたくさん入ります。なお、枕や毛布、寝袋など、布団以外のものは追加料金1,000円で利用可能です。
洗宅倉庫
2点パック

≫詳しく見る≪
12,280円 6,140円 3,300円 単価の安さが魅力です。3点パックやゴールド会員(※月額280円、もしくは年間3,000円)の割引価格を利用すればさらに安価で布団クリーニングを利用できます。定期的に宅配クリーニングを利用する方は、ゴールド会員を検討してみましょう。

家族暮らしの方にも布団クリーニングがおすすめ

人数分の布団ケアは大変

家族の人数が多ければ多いほど、日々の布団のケアは大変です。干すだけでも大変な労力ですから、なかなか手入れが行き届かないという方も多いのではないでしょうか。ましてや、水洗いとなるとなおさらです。薄い掛け布団や毛布であれば、大型の洗濯機があるコインランドリーで洗濯できますが、家族全員分の布団を持ち運ぶのは重労働ですよね。

そのうえ、敷き布団や厚手の掛け布団は洗えません。もちろん、このような大型の布団も、布団店に持ち込んでクリーニングを依頼することはできますが、時間や労力は大変なもの。そこでおすすめなのが、自宅まで集荷に来てくれる宅配の布団クリーニングサービスです。自宅にいながら、プロの技で布団を清潔にしてもらえます。

アレルギーの子どもも安心のオプション

人の汗や皮脂が付着した布団は、ダニやカビの温床となってしまいます。布団につくダニはヒョウダニと呼ばれるもので、フンや死骸はアレルギーの原因物質です。小さなお子さんや、肌の弱い方がいるご家庭では、このようなアレルゲンがアトピーやぜんそくなどを引き起こす可能性もあります。

布団を日光に当てて掃除機で吸い取るだけでは、万全のケアができているとはいえません。ダニそのものと、フンや死骸をまとめて除去するためには、丸ごと水洗いしてしまうのが一番確実です。さらに、プロの布団クリーニングなら、水洗い後に「防ダニ加工」を施してもらうこともできます。防ダニ加工をしておくことで、次回のクリーニングまで安心して眠ることができるでしょう。

家族暮らしにおすすめの宅配クリーニング業者

業者選びのポイント

布団クリーニングは、複数枚依頼することで1枚あたりの価格が安くなることがあります。家族と暮らしている方が業者を選ぶときは、家族分の布団を一度に引き受けてくれるかどうかと同時に、1枚あたりの金額についても見比べてみましょう。また、利用したいオプションを取り扱っているかどうかについても、あわせて確認しておく必要があります。

家族暮らしの方におすすめの宅配クリーニング業者
サービス名 総額(送料込) 1点当たりの料金 送料 おすすめポイント
ベルメゾン
布団クリーニング Lコース

≫詳しく見る≪
13,900円 4,290円 無料 大手通販業者の宅配クリーニングサービスなので、信頼度は抜群です。数百円上乗せするだけで最大9か月の保管サービスをつけることも可能。防ダニ加工やお急ぎ便など、必要なサービスがしっかり用意されている宅配クリーニングです。
洗宅倉庫
3点パック

≫詳しく見る≪
15,280円 5,093円 3,300円 アレルギーが気になる方にとっておさえておきたい「抗菌」「防ダニ」「防カビ」の3つのオプションをひとつにまとめた、「抗菌・防ダニ・防カビパック」が用意されています。3つまとめて2,000円(1枚あたり)という低価格は嬉しいポイントですね。
せんたく便
ふとんパック

≫詳しく見る≪
9,800円 4,900円 無料 東京都衛生研究所による試験で、ダニの除去率100%という結果を出している信頼の宅配布団クリーニング店です。殺菌効果も高いので、アレルギーなどが気になる方にもおすすめ。おねしょ汚れなどもしっかり落としてくれます。

知っておきたい布団クリーニングの基礎知識

クリーニングに出す頻度は?

布団は、一度丸洗いをしたとしても、使い続けるうちに再びダニやほこり、雑菌などがつき始めてしまいます。実際、洗った直後と6か月後の布団でフケや垢、ダニ、ダニのフンの量を比べてみると、その差はなんと7~8倍。半年から1年に1度程度、定期的に布団クリーニングを行って汚れやダニを防止しましょう。

厚生労働省が旅館などに対して出している通達では、6か月に1回以上丸洗いすることが望ましいとされています。もちろん、これは一般家庭に向けてのものではありませんが、ひとつの目安にはなるでしょう。特に普段から干す習慣がなかったり、こまめに布団に掃除機をかけたりしていないという方は、半年に1度のクリーニングを習慣にすることをおすすめします。

【参考元:厚生労働省:公衆浴場における衛生等管理要領等の改正について (http://www.mhlw.go.jp/topics/2001/0111/tp1106-1.html)】

クリーニングをしないとどうなる?

アレルギーを引き起こすことも

アレルギーは、アレルゲンに体が反応することで引き起こされます。アレルゲンには食べ物や花粉などさまざまな種類がありますが、アレルギー体質の方にとっての大敵が、「ダニ」をはじめとする「ハウスダスト」です。布団の中に汗やフケ、垢などが蓄積されると、これを餌とするダニの繁殖を招いてしまいます。このような汚れやダニは、クリーニングを行うことで除去できるものです。アレルギー体質の方は、特にしっかりクリーニングを行いましょう。

寝汗が臭いの原因に

人は、眠っているときに約200ccもの寝汗をかくといわれています。夏場であれば、さらに多くなる可能性もあるでしょう。この寝汗の多くは、パジャマや肌着に吸い取られますが、肌が露出している部分や、パジャマが吸いきれなかった汗については、布団に染み込むことになります。

こうして、どんどん布団に吸収されていった毎日の寝汗が、悪臭の原因になってしまうことも。寝室を快適に保つためにも、定期的に汗の汚れを洗い落とすことが大切です。

布団クリーニングにかかる費用

布団クリーニングの金額は、依頼する業者やオプションの有無、送料のかかる地域かどうかなどによっても変化します。目安としては、敷き布団や掛け布団(シングル)の場合、1枚4,000~5,000円程度というケースが多いでしょう。つまり、掛け布団と敷き布団のセットであれば、10,000円程度見ておけば布団クリーニングに出せるということです。また各社、お得なキャンペーンやセットなどを用意しているため、よく見比べて検討しましょう。

シーツや枕はどうすればいいの?

シーツ

シーツを洗濯する目安は、1週間に1度程度です。週末に洗うだけでも清潔な状態を保てますから、ぜひ実行しましょう。冬場だからといって長い間シーツを洗濯せずにそのままにしていると、汗や汚れが染み込むことで、劣化が早まる原因にもなります。こまめに洗濯をして清潔を保つことが、シーツを長く快適に使うコツです。また、通常の水洗いではとれない汚れをしっかり落とすために、プロの手によるクリーニングを取り入れるのもよいでしょう。

顔や頭を乗せる「枕」は、寝具の中でも汚れがつきやすいアイテムです。枕カバーは、なるべく毎日清潔なものに交換しましょう。枕そのものを自宅で洗うのは難しいため、こまめに干したり、掃除機をかけたりしてお手入れを行います。また、定期的に枕と枕カバーを丸ごと洗えるプロのクリーニングに出すのもおすすめです。ただし、洗えない素材の枕もあるので、必ず事前に確認しておきましょう。

座布団カバー

座布団カバーは、布団に比べてサイズが小さく、自宅でも洗いやすいアイテムです。ただし、シルクなど、自宅では洗えない素材のカバーもあるので注意しましょう。座布団カバーについている洗濯表示を確認しておくと安心です。弱表示や手洗い表示がついているものについては、おしゃれ着用洗剤でもみ洗いするのがおすすめ。自宅で洗えないものに関しては、座布団本体とまとめてクリーニングに出しましょう。

シーツや枕はどうすればいいの?

布団の宅配クリーニングには、業者によってオプションサービスをつけられる場合があります。

防虫・防カビ加工

押し入れは密閉されているわけではありませんし、開閉を行うこともある場所です。そのため、いくら押し入れに防虫剤を入れていても、効果はだんだんと薄れてしまいます。クリーニング店で防虫加工をしてもらえば、布団そのものに防虫加工が施されるので安心。また、湿度調整だけでは防ぎきれないカビについても、プロの手による防カビ加工でシャットアウトできます。

防ダニ加工

ダニはアレルギーの大敵です。ダニの温床になりやすい布団に、ダニの嫌う薬剤を付着させることで、次の洗濯時まで布団を清潔に保つことができます。効果はだいたい1年。洗うとまた加工がとれてしまうので、クリーニングのたびにオプションをつけるのが安心です。

クリーニングで清潔・ふかふかの布団を保とう

宅配クリーニングは、なかなか布団のケアができない一人暮らしの方にも、たくさんの布団を扱わなければならない大家族の方にも便利なサービスです。布団は、長年使い続けるとどんどん汗やほこり、垢、ダニなどの汚れが蓄積されていきまいます。半年から1年に1度は宅配クリーニングに出して、汚れをリセットする習慣をつけましょう。クリーニング業者によっては、防ダニ加工や保管などのオプションサービスもあるので、あわせてチェックしてみてください。

実際に頼んで決めた!
宅配クリーニング比較ランキング
どのサービスが1位?結果はこちら