安い宅配クリーニング全国マップ

布団|宅配クリーニングで頼めるアイテム

スーツや洋服だけじゃない宅配クリーニングで頼めるアイテム

布団こそ宅配クリーニングに任せるべき3つの理由

布団洗いに宅配クリーニングを使わない理由はゼロ! 知らないと損する注目ポイントは?

分厚い敷き布団や、かさばる冬用の掛け布団に、厚手の毛布・・・。
季節の変わり目の布団の洗濯や日常のお布団干しなど、大きくて重たいお布団のお手入れは体力仕事です。ひとり暮らしでも大変ですが、家族が多ければ人数分だけ負担も増えてしまいます。

玄関先まで洗濯物を取りに来て、キレイにして返してくれる宅配クリーニングは、お布団のお手入れの負担を劇的に減らしてくれる、とっておきの手段です。ご家庭での洗濯や、自分で持ち込む普通のクリーニングにはないメリットをご紹介しましょう。

布団の重たさから解放される!

ただでさえ重たい、お布団や毛布。自宅の洗濯機で洗える表示があったとしても、水を吸ってますます重たくなった布団を扱うのは大変な力仕事です。洗濯機に布団や毛布を出し入れするだけでも、腕や腰に大きな負担が掛かってしまいます。

最近では、大型の洗濯物用のコインランドリーも増えていますが、洗えるのは上掛けや毛布だけで、敷き布団は洗うことができません。そこでクリーニング店に持ち込むにしても、布団ほどのサイズと重さになると、徒歩や自転車では厳しく、車での運搬が無難です。家族が多ければ、何回かに分けて往復する必要も出てきます。集配してくれるクリーニング店もありますが、近くにはない地域もあるでしょう。

その点、ネットから予約できて都合の良い時間に集配してくれる宅配クリーニングならば、かさばる布団の重さから解放されます。布団が入る段ボール箱などがなくても、申込時に頼めば集荷キットや専用袋を用意してくれる業者も多いので、荷造りの苦労もありません。

業務用の高温で布団ダニを退治してくれる!

一見キレイに見えるお布団にも、30万匹以上のダニが付いていると言われています。あたたかなお布団にこもった湿気や、皮脂や垢などの汚れはダニの生育に都合の良い環境となっているからです。

日本の一般的な家庭で見つかるダニは平均5種類ほどいると言われますが、布団やカーペットで生息しているダニの8割が「ヒョウダニ(コナヒョウヒダニ、ヤケヒョウヒダニ)」別名「チリダニ」です。

このチリダニは人を噛むことはありませんが、フンや死骸がアレルギーの原因(ダニアレルゲン)になっています。ダニは繁殖が早くて寿命が短いので、放っておくとアレルギーの原因になるダニの死骸が、布団の中にどんどん蓄積していきます。

布団からダニアレルゲンをきれいに取り除くためには、生きているダニの退治と、ダニのフンや死骸を洗い流すのを同時に行わなくてはなりません。ダニは50度で死滅するといわれますが、布団の中を逃げまわるダニを退治するには、高温で丸洗いをするのがベストなので、家庭で掃除機やダニクリーナーを使うよりも、クリーニング業者のプロの設備に任せるほうが確実なのです。

お得な保管サービスや防ダニ加工と併用できる!

宅配クリーニングの中には、布団のクリーニングにお得なプラン料金を用意している業者も数多くあります。たとえば、せんたく便の「ふとんパック」は2回目以降700円もの割引が適用されます。送料無料プランも多く、点数での料金計算ではなく、集荷キットや専用袋に詰められる分まで同一料金というプランも見られます。

クリーニングでキレイになった布団に、雑菌やカビの繁殖を抑える防菌・防カビ加工、防ダニ加工を施すオプションプランを用意している業者もあります。せっかく布団を清潔にしたついでに、検討してみてはいかがでしょうか。

また、かさばる布団の置き場所に困っているならば、次に使う季節まで清潔に保存してくれる保管サービスとの併用もおすすめです。

布団クリーニングにおすすめの宅配クリーニング業者

いかがでしょうか。布団を洗うなら宅配クリーニングがベストである3つの理由がおわかりいただけたと思います。では、実際にどこの宅配クリーニングに頼めば良いのか。1点あたり4000円程度で頼める、おトクな布団クリーニングサービスを3社ご紹介します。

おススメ3選!1点あたり4000円~の布団クリーニングサービス

1点あたり4000円程度で頼める、おトクな布団クリーニングサービスを3社紹介します。

サービス名 料金(税別) 1点当たりの料金
(税別)
送料
せんたく便
ふとんパック

≫詳しく見る≪
初回8,800円(2点)
2回~8,100円(2点)
4,400円(初回)
4,050円(2回~)
送料無料
洗宅倉庫
寝具2点パック

≫詳しく見る≪
8,980円(2点) 4,490円 3,000円以上で送料無料
ロイヤルクローク
日常便3

≫詳しく見る≪
13,200円(3点) 4,400円 送料無料

布団をクリーニングする前に知っておきたいこと

アイテムの布団

布団ケアは意外に難しい 清潔保持ならやっぱりプロに!

布団は毎晩汚れるもの。人間は一晩のうち、平均してコップ1杯(200ミリリットル)ほどの汗をかきます。その分、皮脂などが布団にしみ込みます。この汚れを完全に落とすには、単に日光にさらして干すだけではダメ。干した後の布団に顔をあて、おひさまのニオイとよくいいますが、じつはダニの死がいの臭気。干しても不潔なままなのです。

お子さんのいる家庭なら、おねしょも心配。布団の清潔を保持するために、いかなる手段をとるべきか? やっぱり、ここはプロフェッショナルの出番です!

布団をクリーニングに出す頻度とは?

フワフワ清潔お布団でアレルギーの原因ともサヨウナラ

毛布やシーツなら自宅でも洗えますが、布団となるとやはりムリ。これはどうしても、クリーニングの力を借りる必要に迫られます。もはや周知の事実ですが、布団に残存するダニやその死骸などは、代表的なアレルゲン。アトピー性皮膚炎やアレルギー性皮膚炎のあるお子さんなど、アレルギー体質の人が家族に一人でもいるなら、布団のケアを十分に行っておく必要があります。

布団をクリーニングに出すとしたら、そのペースはどのくらいが理想的なのでしょうか?

ズバリこの頻度は、一般家庭なら最低でも年に1回程度は必要でしょう。汗をかきやすい夏季が過ぎたら、一度クリーニングに出しておくのが賢明です。日干しするスペースがない家庭なら、フワフワ感を保つためにも2~3回は頼みたいところです。

大きく重い布団だからこそ宅配クリーニングが便利

布団の保管に際しては、これも衣類同様に湿気が大敵。除湿剤を仕込んだ押入れ、クローゼットに収納するのがおすすめです。また、布団こそ宅配クリーニングへ依頼するべきアイテム。重いし大きいですから持ち運ぶのが大変ですし、自家用車で往復するのも時間や労力の点でムダです。

布団クリーニングの相場は、羽毛シングルなら1枚につき4000~6000円。ダブルサイズなら5000~7000円。2枚出すとダブルなら1万円~1万4000円となりますから、慎重な業者選びが必要ですね。

往復送料無料サービスが使える業者なら、自分で車を出して店舗に持ち込むよりもおトクです。また、使い古してくたびれた羽毛布団を新品に近い状態へ再生するサービスもありますから、この点でもコスト的に助かります。買い換えるとなると、もっとお高いですからね!

シーツ・枕・座布団カバーの性質

シーツ

シーツは洗濯機で洗って日干している家庭が多いですが、実は普通の洗濯機や手洗いでは匂いや汚れ・ダニを取り除けません。とはいえ、そのまま放置してしまうと衛生面が悪くなるばかり…。クリーニング店なら専門的な知識や技術を使って、目に見える汚れだけではなく、染みついてしまった匂いや害虫・菌なども取り除いてくれるのです。毎日肌に直接触れるシーツだからこそ、プロの技を上手に利用して清潔さを保ちましょう。

枕は頭皮汚れが一番付きやすいことから、寝具の中で最も菌が溜まりやすいと言われています。匂いや汚れなどが目立つのでこまめに洗濯する人は多いのですが、洗濯の仕方を間違えてしまうと菌を更に増殖させてしまう場合も…。人の目で見ても菌は分からないので、枕・枕カバーともに丸ごと洗えるクリーニングに出すのがベスト。店舗によっては枕に合わせた洗剤を準備しているところもあるので、安心して預けられます。クリーニングに出せない枕もあるので、預ける前に確認しましょう。

座布団カバー

座布団カバーでよく使われる麻やシルクなどの素材は、水に弱かったり色落ちしたりするなどの心配があるため、クリーニングに出すのが無難です。ファンデーションといった油溶性汚れを落とすドライクリーニング汗などの汚れを落とす効果が高いウェットクリーニングが特におすすめ。少量の水をかけて汚れを落としていくので、生地を傷めてしまうことなくそのままの弾力で仕上げることができます。

オプションサービスを上手に使おう!

防水、防塵、抗菌など 大切な家族の安眠のために

水やジュースをこぼしたり、ホコリがついたり、皮脂汚れや雑菌が繁殖したりダニがいたり。布団とは、色々な汚れがつきやすいもの。大切な家族が毎日眠り、体を預ける寝具のケアは、おろそかにできません。

クリーニング業者によっては、オプションで様々な加工を施してくれます。防水やホコリの付着をふせぐ防塵雑菌の繁殖をおさえる抗菌加工ダニが増えるのを防ぐ加工防カビ加工だってしてくれます。

なかには有料オプションでなく、パック料金にダニ除去サービスがついている業者も。これで除去率自体が高かったら、とてもありがたいですよね。

業者ごとにそれぞれお値段や可能オプションは異なりますが、汚れが気になるお布団を一度はクリーニングに出してみましょう。スッキリした寝心地に、きっと布団クリーニングがクセになります。

実際に頼んで決めた!
宅配クリーニング比較ランキング
どのサービスが1位?結果はこちら