安い宅配クリーニング全国マップ

スカート・ワンピースのクリーニング

メニュー

スカート・ワンピースのクリーニング

スーツや洋服だけじゃない宅配クリーニングで頼めるアイテム
スーツや洋服だけじゃない宅配クリーニングで頼めるアイテム

スカート、ワンピース

スカート

忙しいお母さんやOLさんの強い味方「宅配クリーニング」

女性らしさを演出してくれる「スカート」や「ワンピース」。日常生活はもちろん、とっておきの日にも着けたい大切なアイテムです。長く愛用するのであれば、定期的なお手入れは必要不可欠。ですが、スカートの素材やデザインによっては家で洗濯できなかったり、アイロンが不安だったりするものもあります。肌に直接触れるワンピースの場合は汗を多く吸収するため、時にはクリーニングに出してしっかりお手入れをしてあげたいものです。

お手入れの大切さは分かっていても、スカートやワンピース1点のためにクリーニング店舗まで足を運ぶのは面倒ですよね。足を運べる時間には、店舗がもう閉まっているという方も多いでしょう。そんな方におすすめなのが家にいながらクリーニングサービスを利用できる「宅配クリーニング」です。家から1歩も出ずにクリーニングの受け渡しができるため、育児中のお母さんやOLさんはぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

スカートを洗う(クリーニングに出す)ベスト頻度は?

スカートを洗う頻度というのは人それぞれです。スカートが肌に密着する箇所がそこまで多くないことから、不衛生さを感じず、1シーズン履き続ける人もいれば、毎回洗わないと気が済まないという方までさまざまでしょう。スカートを洗う、またクリーニングに出すベスト頻度は、どれくらいなのでしょうか?

ベストな頻度や回数の正確な答えはありません。理由は、スカートの種類、素材やシーズンにより回数が異なってくるからです。スカートの種類でも、プリーツスカートなどのラインが入っているものは、複数回洗ってしまうとラインを崩してしまう可能性がありますので、1シーズンに2、3回が手頃な回数かもしれません。また、デニムスカートの場合も、デニムを複数回洗うと生地が硬くなる性質があるため、1シーズンに2、3回が妥当な回数といえます。綿やコットンのスウェットスーツ生地のスカートなどは、肌に密着していなくても、汗や埃を吸いやすいという性質があるため、もう少し頻繁に、不衛生と感じない程度の回数で洗濯するとよいでしょう。

スカートを洗う(クリーニングに出す)際の注意点は?

スカートを自分で洗う場合、そしてクリーニングに出す場合はどういった点に注意すれば良いのでしょうか。ここでは、スカートの種類別に、自分での洗濯方法、そしてクリーニングに出す際に注意すべき点をご説明していきます。

ウール素材などのタイトスカート

どのスカートでも言えることですが、まずはスカートのタグについた洗濯方法表示内容を確認しましょう。絵表示が手洗いOK、洗濯OK、などの場合は自宅での洗濯が可能です。絵表示が、ドライ、または水洗い不可となっている場合は、クリーニング店に依頼する必要があるため、事前にしっかり確認することが重要です。

ウール素材は毛羽立たないような方法で洗濯する必要があります。それには、手洗いや洗濯機でも強く洗わないことが重要です。手洗いの場合は素材を傷めないようにぬるま湯を入れ、手で優しく押し洗いをします。洗濯機の場合は、デリケート洗いなどのコースを選びましょう。脱水は3分程度にし、長く行わないようにします。干す際は、スカートの裏と表の両側を手で押さえ、上下に手を滑らせるように動かすと、ウールを痛めない方法でシワを伸ばすことができます。

クリーニングに出す場合、ウール生地の風合いを上手に出したいなどのこだわりがある場合は、店員さんに希望をしっかり伝えるようにしましょう。大きく風合いが変わることはないと思いますが、違ったイメージで出来上がることを防ぐために、仕上がりのこだわりがある場合は先に伝えておくとトラブルになりません。

スパンコールや刺繍などの装飾があるスカート

スパンコールや刺繍などのデリケートな刺繍のあるスカートの場合は、基本的には手洗いで洗濯するようにしましょう。洗濯機で洗濯を行うと、摩擦などが強く、装飾が取れてしまう可能性があるためです。手洗いする場合は、ウール生地と同様に、ぬるま湯を用意し優しくもみ洗いをするようにします。シフォンやレースのような薄手の生地の場合は、アコーディオン洗いを行うようにしましょう。洗剤はお洒落着洗いの中性洗剤を使用し、すすぐ回数や脱水はなるべく短時間で済ませると生地を痛めることはありません。レースやスパンコールのついたスカートを干す場合は、レースの網目やスパンコールの装飾毎に、指先でシワを伸ばすように整えていきましょう。

クリーニング店に依頼する場合は、装飾がどこについているかをしっかり伝えることが重要です。表から見えるか見えないか、という箇所に装飾がついているスカートもありますが、クリーニング店の人が見落としてしまう可能性も大いにあります。細かく伝え、気をつけてほしいことも説明して、トラブルが起きないようにしましょう。

プリーツがついたスカート

制服などのプリーツラインがついたスカートの場合、むやみに洗濯機に入れるとせっかくのラインが消えてしまう可能性があります。スカートについている表示タグを確認し、洗濯洗いが可能かしっかり確認しましょう。手洗いの場合は、ぬるま湯を用意し、両手でスカートを押して緩める動作を50回程度繰り返します。すすぎも手で優しく、押し付けるように水を切ります。プリーツラインが崩れないように気をつけながら行うのがポイントです。干す場合は、風の道ができるようにスカートの腰の部分をピンチで吊り、筒状に干すようにしましょう。

クリーニング店に依頼する場合は、仮にスカートのプリーツラインがすでに崩れてしまっている場合は、どこにラインをつけたいかなど、詳細を伝えるようにしましょう。自分から特に何も言わない場合は、クリーニング店でつけてくれることもありますが、希望があれば先に伝えておきましょう。

スカートのクリーニングが得意なオススメ3社

プリーツスカートや、生地が薄いスカート、レースやスパンコールなどの細かな装飾がされているなどの特殊なスカートを、自分で手洗いするのは手間暇もかかりますし、生地を傷めないように行うのも難易度が高いものです。ダメージを与えたくないなら、クリーニング店に依頼すると確実でしょう。ここでは、スカートのクリーニングを得意としているオススメの3社をご紹介します。

料金の安さとある程度の品質を求めるなら「リネット」

「15万人が選ぶ、高品質なクリーニング」と言われる宅配クリーニング業社のリネット。特徴は、丁寧な作業と品質、そして料金の安さです。スカート1枚を500円から承ってくれます。クリーニングに出してから戻るまでは最短2日間と、あまり待たずして受け取ることができます。厚生労働省が管轄しているクリーニング工場で作業が行われているので、衛生管理等面も安心することができます。

量より質、長期保管を依頼するなら「リナビス」

量を追うと質を保持することが難しいため、会員数を1万人に限定し、1万人以上になった場合は新規会員となることをお断りされるという徹底ぶりのリナビス。スカートは、新品になったかのように仕上がり、質の良さを感じることができます。最大半年間は無料で保管してくれるので、家で保管するのが難しい!という場合は、一旦はリナビスに預けておく、ということもできて便利です。

スカートを高品質に保ちたいなら「ピュアクリーニング」

何度も何度もクリーニングをお願いできるほど手頃な価格ではないけれど、高品質な仕上がりが期待できるピュアクリーニング。特殊な加工で、シミ抜き、復元にも対応しており、まるで新品で戻ってきたかのように感じられるほどです。集荷依頼も可能で、大切な洋服を複数まとめて依頼すると、送料が無料になるのも嬉しいポイント。大切なスカートをメンテナンスしたいという人にはおすすめの業者です。

スカートを宅配クリーニングに出すお得な方法は?

デザインに合わせて利用するプランを賢く選ぶのがポイント

宅配クリーニングには、定額制のパックタイプと単品タイプの2種類があります。スカートはもともとの料金がリーズナブルなため、ほかの衣類と一緒にクリーニングに出すのでなければ単品での申し込みがお得です。気になる料金は450円から1,000円とクリーニング業者によってさまざま。また、スカートは形状によって、クリーニング料金が異なります。仕上げに手作業が必要なプリーツやフレアデザインだと約1.5倍近く値段が上がるため、事前に料金をしっかり確認してから利用するようにしましょう。

ワンピースの料金は900円から3,900円となっており、スカートに比べて2倍以上かかってしまう場合もあります。また、パーティードレス扱いにならないかどうかも注意が必要。上質素材や装飾品、フリルにプリーツなどがついているデザインは、パーティードレスだと判断される可能性があります。業者によって規約が異なるため、気になるようであれば確認しましょう。ワンピースをまとめて何点か出すのであれば、点数で料金が決まる定額制のパックタイプがおすすめです。5点パックなら3,500円〜6,000円が相場になっているので、お得に賢く利用できますよ。

詰め放題サービスについて詳しくはこちら

どの宅配クリーニング業者にスカートを出す?

宅配クリーニングの魅力をとことん満喫したいなら賢く選ぼう

汗を吸収しやすく、汚れやすいワンピースを宅配クリーニングに出すのであれば「シミ抜き」の技術が優れているかどうかは重要です。業者によっては対応してもらえない汚れもあるため「特殊なシミ抜きや他社で断られたシミにも対応可能」かどうかを公式HPでチェックしてみましょう。

往復送料が無料かどうかも大切なポイントです。せっかく便利な宅配クリーニングを利用しても、送料がかかってしまうとお得感が薄れてしまいがち。上手に賢く利用するためにも、往復送料のかからない業者を選ぶのがおすすめです。

プリーツやフレアスカートなどはアイロンの仕上がりが気になってしまうもの。プロの業者に頼むからには、満足いく仕上がりを実感したいですよね。クリーニング実績が豊富かどうかはもちろん、万が一満足できなかった場合の再仕上げ対応も確認しておくと、安心して利用できますよ。

実際に頼んで決めた!
宅配クリーニング比較ランキング
どのサービスが1位?結果はこちら