洗濯の仕上がりを高める基礎知識

いつもの洗濯にひと工夫して仕上げる

ふんわり仕上げるための基礎知識

タオルや衣類などをふんわりと仕上げるため、洗濯の際に気を付けるべきことを説明します。

洗剤はパッケージに記載されている使用量を守りましょう。洗剤が溶け残ると繊維がやわらかく立つのを妨げてしまうからです。寒い季節には、ぬるま湯を使うと洗剤が溶けやすくなるのでお試しあれ。

柔軟剤の代わりにお酢を使うと、お酢にふくまれる酸が洗剤のアルカリ成分を中和することで繊維が固まるのを防ぎ、ふんわりと仕上がります。40リットルの水に大さじ1杯を目安に、すすぎの時に加えてください。入れすぎると洗濯機が酸化し、サビてしまうので使用量にはご注意を。

乾燥させる際は陰干しにするのがふんわり仕上げのポイントです。日干しにしてしまうと繊維の水分が根こそぎ蒸発してゴワゴワになってしまいます。乾燥機が使用できる衣類の場合は、干しあがりの30分ほど前に乾燥機に入れるとふんわり度がアップ。乾燥後は内部の湿気でしなっとしてしまう前に洗濯物を取り出しましょう。

洗濯のり・乾燥機を使いこなして仕上げる

洗濯のりと洗濯機でパリッとさせる

洗濯のりは、ワイシャツなどを洗濯する際に使うと型崩れを防ぎ、パリっと仕上げてくれます。洗濯のりを洗濯機で使う場合、まずは通常のクリーニングをした後で、「洗い」と「脱水」をセット。衣類が隠れるくらいの水を入れ、洗濯のりを加えます。3分ほど「洗い」を実行したら脱水。完全に乾ききる前に、のりがくっつかないように当て布をしたアイロンをかけて完成です。洗濯のりを使った衣類は乾燥機に入れてはいけません。乾燥機のなかにのりが詰まってしまい故障してしまうことがあるからです。

乾燥機の底力

ドラム式洗濯機は「叩き洗い」という洗い方をしており、強力に汚れを落としてくれる反面、タオル地など生地は繊維が寝た状態で固まってしまいゴワゴワになるというデメリットを持っています。これを解消するのが乾燥機です。乾燥機の熱風が固まった繊維をほぐしながら立ち上がらせるため、やわらかな仕上がりになります。

脱水直後か洗濯物が乾ききってしまう前に30分ほど乾燥機にかけるのがポイントです。乾燥が終わったらすぐに取り出しましょう。天日干しが好きな方は、洗濯して軽く乾燥機にかけた後で外干しすると生地がやわらかく仕上がります。干しすぎると繊維が固まってしまうので注意してください。

ドライマークの衣類を家で仕上げる

「ドライコース」でデリケートに洗いあげる

ドライマークの衣類は洗濯機のドライコースで洗えます。弱い水流で短時間洗うドライコースは、ドライマークと洗濯機マーク、もしくはドライマークと手洗いマークが一緒に表示された衣類の洗濯が可能。クリーニング店で行う「ドライクリーニング」とは別物なので注意しましょう。

ドライコースで洗濯する手順は以下の通りです。

  1. 襟や袖に汚れがある場合は、中性洗剤の原液を汚れになじませるように付ける。
  2. 襟や袖が外を向くようにたたみ、ボタンや刺繍が付いた衣類は裏返しにして洗濯ネットに入れる。
  3. おしゃれ着洗い用洗剤かドライマーク衣類専用洗剤と、30℃以下の水を使い「ドライコース」をスタート。
  4. 洗濯後は早めに取り出し、型崩れを防ぐためウールのセーターなどは平干し、ワンピースやブラウスはハンガーにかけて陰干しする。

ドライコースはデリケートな衣類をやさしく洗う機能なので、油性の汚れや汗汚れなどのガンコな汚れは落とせません。ドライマークの衣類が家で対処できないほど汚れてしまった場合には、プロのクリーニング店に依頼しましょう。

実際に頼んで決めた!
宅配クリーニング比較ランキング
どのサービスが1位?結果はこちら