安い宅配クリーニング全国マップ

ズボン・パンツ・スラックスのクリーニング

メニュー

ズボン・パンツ・スラックスのクリーニング

スーツや洋服だけじゃない宅配クリーニングで頼めるアイテム
スーツや洋服だけじゃない宅配クリーニングで頼めるアイテム

ズボン・パンツ・スラックス

パンツ

「パンツをクリーニングに出したら生地が傷む」は都市伝説!

パンツ・ズボンの中でも特に毎日お世話になっている人が多いアイテムは、ビジネスシーンで欠かせない「スラックス」ではないでしょうか。スーツの上着とは違い、ビジネスシーンにおいて年中無休で活躍するからこそしっかりメンテナンスしておきたいところですが、「クリーニングに出しすぎると逆に生地を傷めてしまう」そんな都市伝説が皆さんにストッパーをかけているようです。

確かに、過度のクリーニングは生地を傷める可能性もありますが、1か月半に1回程度であれば、生地を必要以上に傷めることはありません。反対に、クリーニングでしっかりメンテナンスしてあげないと生地が劣化する可能性もあるのです。毎日の着用による摩擦で傷んだ繊維は汗を吸うことによって酸化します。放っておくと、酸化はどんどん進んで糸の強度は落ちる一方。クリーニングに出さずにいると、擦り切れて穴が開いてしまうのも時間の問題ですよ。

スラックスの最大の魅力「センタープレスライン」も、自宅のアイロンで消えてしまったことはありませんか?ビジネスマン、キャリアウーマンとしての清潔感や凛々しさに加え、脚を長く見せる効果もあるセンタープレスライン。素材によっては湿気に弱いものがあるので、雨の湿度だけで形が崩れてしまうことも。「クリーニング屋さんみたいにピシッと仕上げてみせる!」とアイロンで奮闘している人もいるかもしれませんが、プロにしかできないプレス方法と仕上げ加工は存在するのです。

相場をチェックしながら、スラックスをクリーニングに出すメリットについて知っていきましょう。

ズボン・パンツを洗う(クリーニングに出す)ベスト頻度は?

ズボンやパンツを洗うタイミングは人それぞれです。自分で毎日洗わないと気が済まない!という人もいれば、シーズンに1回クリーニングに出すのみ、という人もいます。素材によっては洗う回数が多くなればなるほど素材が傷んでしまうものもありますが、洗わないで不衛生なものを履き続けるのも避けたいものです。では、現実的でかつ衛生的な、ズボンやパンツを洗う頻度はいつなのでしょうか?

特に何回、という正確な回答はありませんが、素材と季節によって頻度を変えるのがよいでしょう。例えば、ジーンズの場合は生地が厚いので複数回洗う必要はありません。冬は10回程度、夏は3回程度、春と秋は5回程度履いたら洗う必要が出てきます。ジーンズ以外のパンツ、スラックスなどは生地が比較的薄いため、もう少し早いタイミングで洗うと衛生的かもしれません。

ズボン・パンツを洗う(クリーニングに出す)際の注意点は?

スラックスやジーンズなど素材の異なるズボンやパンツが複数ありますが、素材ごとで洗い方を変えている人はどれだけいるでしょうか?面倒くさいからといって、異なる素材のものを同じ方法で洗うと、縮んだり、色落ちしたりすることもあるので注意が必要です。ここでは、スラックス、ジーンズ、チノパン、コーデュロイパンツを自分で洗う場合の注意点、そしてクリーニングに出す場合の注意点をご紹介していきます。

スラックス

スラックスを自分で洗う前に確認するポイントは、洗濯可の表示タグです。手洗い、洗濯に丸がついている場合は自分で洗えますが、バツがついている場合はクリーニングに出しましょう。

手洗いOKの場合、用意するものは洗面器とお洒落着洗いの中性洗剤です。まずは洗面器に常温の水をスラックスが浸るくらいの量まで張ります。よく水に浸したら押し洗いしましょう。ここで注意する点は長時間行わず10分程度で終えることです。長時間押し洗いを行うと縮む可能性があります。何度もお湯を変えて水洗いをし、干します。干す時の注意点は、スラックスのセンターラインを崩さないよう、線に沿って干すようにすることです。ピンチハンガーを使用し、引っ張らず丸くするような形で干すようにしましょう。

クリーニングに出す場合は、タグ表示を確認し、ドライクリーニングなどのクリーニングの種類を確認し、その通りに依頼しましょう。上下セットになっているスーツの場合は、上下一緒に出すようにしましょう。一緒に洗うことで、上下の洋服の風合いの調和を保つことができます。

ジーンズ

インディゴ系に染めてあるものや、ストレッチ系の生地でできているジーンズなど、ジーンズにもさまざまな種類があります。インディゴ系の藍染のジーンズの場合は、他の洗濯物と混在して洗濯してしまうと色移りしてしまうケースもありますので、自分で洗う場合は、ジーンズのみで洗うことをおすすめします。また、デニム生地は、水に濡れると硬くなってしまう性質があるので、洗濯機で洗う場合は、ジーンズを裏返しにして洗うようにしましょう。洗剤は、一箇所だけ色が薄くなってしまった、とならないように、漂白剤などが入っていない中性洗剤を選ぶようにしてください。

クリーニングに出す場合は、できるだけお店の人に希望を伝えるようにしてください。でき上がってから色の抜け感が希望通りではない、すり切れがあった、などのトラブルになることが多いので、ジーンズにこだわりがある人は、どういった風合いが出るようにしてほしいなどのでき上がりの希望を伝えることが大事です。

チノパン

チノパンを色落ちしたりシワになったりしないように洗う方法を説明します。まずは気になる汚れがないか確認し、汚れがある場合は最初にもみ洗いするようにしておきましょう。ダメージを軽減するような洗濯方法にすると、一度では汚れが落ちにくくなってしまうので、あらかじめ手洗いして汚れを取り除いておくと、でき上がりが綺麗になります。洗剤は中性洗剤を選ぶようにし、ネットに入れて全体をもみ洗いするようにします。洗った後は、縫い目を引っ張るようにし、手アイロンで引っ張ると干した後、シワなく綺麗な状態で乾きます。

チノパンとジャケットなど上下でセットになっているものをクリーニングに出す場合は、上下をセットで一緒に出すようにしましょう。スーツなどと同様で、上下を別に出すと色の差が出てしまうので注意が必要です。

コーデュロイパンツ

コーデュロイパンツなどの毛羽のあるような洋服は、摩擦に弱い性質があります。そのため、洗濯機に入れるよりは手洗いでもみ洗いすることをおすすめします。コーデュロイの中でも、ネイビーやパープルなどの濃い色のものは色落ちする可能性がありますので、他の洗濯物と一緒にせず単品で洗うようにしてください。手洗いする場合、水温が高すぎると生地を傷めてしまうため、ぬるま湯を選ぶようにし、毛羽が寝てしまわぬよう5分から10分程度でお湯からあげるようにしましょう。干す際は、ピンチハンガーにかけておくと、シワになりません。

コーデュロイなどの毛羽のあるパンツを自分でアイロンがけすると、毛羽を寝かせてしまい、せっかくのコーデュロイ生地の良さが失われる可能性もあります。難易度が高い場合にはクリーニングに出すようにしましょう。コーデュロイの風合いの良さを上手く引き出したい、というこだわりがある方は事前に、光沢をつけるようにしてほしい、などと希望を伝えるようにしましょう。

ズボン・パンツのクリーニングが得意なオススメ3社

ズボンやパンツのセンターラインを引いたり、ノリのきいたピシッとした風合いを自分で出すのは、非常に難易度が高いものです。自分で手間暇かけて、それらをしっかり行うのが面倒だ、という方にはクリーニング店にお願いすることをおすすめします。ここでは、ズボンやパンツのクリーニングが得意な業者をご紹介します。

安い価格でクリーニングしたいなら「ホワイト急便」

創業1973年と、40年以上もの歴史あるクリーニング屋でもあるホワイト急便。その特徴は、とにかく安くて、仕上がりが早いことです。パンツ1本の料金が420円からと、非常に安い価格で仕上げてくれます。また、即日に仕上げてくれる点は、仕事が忙しくて早く使用したい人にはありがたい特典です。全国に展開しているので、出張先などでも見つけやすいのも嬉しいポイントです。

信用性の高い業者にクリーニングを依頼したい!という人なら「白洋舎」

クリーニングをお願いするのも、取りに行くのも遠いから面倒、と思っている人には、宅配クリーニングを行っている白洋舎がおすすめです。集配サービスを行っているクリーニング屋さんは他にもありますが、白洋舎では、白洋舎の営業マンが訪問し、大切な洋服をどのように選択するのがよいか、最適なコースプランを提案してくれます。自分が大事にしているパンツを、しっかりと信頼できる人に任せたい、という人にはおすすめです。

高品質を大事にしたいなら「ピュアクリーニング」

大切なズボンやパンツだから、とにかく仕上がりの質を追求する、という方にはピュアクリーニングをおすすめします。オゾンコース、シリコンコース、メンテナンスコースとそれぞれメニューが分かれており、各価格はパンツ1本に対し1,000円以上かかります。手が出しにくい価格設定ではありますが、品質は文句なし。光沢感があり、パンツをまるで新品に戻ったような状態に仕上げてくれます。品質を第一に考えている方は、ぜひピュアクリーニングのコースを試してみてください。

ズボン・パンツのクリーニング相場

必見!パンツクリーニングの利口な利用法とは

ズボン・パンツのクリーニング相場は400円〜1,000円程度。スラックスのクリーニングであれば、この平均価格帯の中から、「個別で依頼できて、汗抜きや撥水加工などのオプションがあるクリーニング業者」を選ぶのがおすすめです。安すぎる業者だと速さ優先でセンタープレスを消してしまうケースもあるので、依頼前に必ずラインを残したいと伝えておきましょう。

大量に詰め込めるパックタイプも安くて魅力的ですが、それは普段着のパンツ・ズボン向け。スラックスのクリーニングは金額よりサービス内容で選ぶべきでしょう。普段は自宅で消臭剤やオシャレ着洗い用洗剤でメンテナンスし、1〜2か月に1度リセット期としてドライクリーニングと加工を施してくれるところに依頼すると◎。

パンツの本数が少ない方は、クリーニング完了までの日数も確認しておく必要があります。一般的なクリーニング業者だと営業時間内に受け取りに行けない人も多いはず。そこでおすすめなのが宅配クリーニング。受け取り日を指定できますし、忘れていても家まで届けてくれるので心配ありません。忘れっぽい方、忙しくてクリーニング店に行けない方は画期的なサービス「宅配クリーニング」をぜひ利用してみては?

宅配クリーニングにズボン・スラックス・パンツを出すコツ

数あるオプションの中からチェックすべきポイントを伝授

スラックス向きのオプションが豊富な業者がおすすめです。しみ抜きや再仕上げが無料だと定期的にクリーニングへ出す価値がぐんと高まります。さらに撥水加工や防カビ加工のオプションがあるとベスト。撥水加工をしておけば湿気がある日でもプリーツがとれにくい仕上がりになりますし、防カビ加工もあれば傷みから生地を守ってくれますよ。

実際に頼んで決めた!
宅配クリーニング比較ランキング
どのサービスが1位?結果はこちら