家庭でできる服のシミ取り・染み抜きの基礎知識

緊急時の汚れ・シミの取り方

「あ!やっちゃった!」でもまだ間に合う・シミの応急処置

シミ抜きで最も大切なことは処置までのスピードです。時間が経ってしまうと落ちにくくなるカレーのシミでも、付いてすぐなら水洗いだけで落とせることもあります。最強のシミ抜き法ともいえる「付いてすぐの応急処置」ですが、シミの種類に合わせてやり方を変えることにより、さらに高い効果を得ることが可能。
しょう油やコーヒーなどによる水溶性のシミは、汚れた部分を軽く湿らせて、乾いたハンカチやティッシュを表と裏から当てます。これをハンカチやティッシュにシミが移らなくなるまで繰り返してください。
口紅やチョコレートによる油溶性のシミの場合は、乾いたハンカチやティッシュ、あぶらとり紙などで汚れをつまみ取ります。シミが拡がらないようにつまんでください。
水溶性・油溶性どちらのシミでも布を強くこすらないことがポイント。こすると色落ちしたり生地が傷んでしまうことがあるためです。

家庭でできる簡単シミ抜き方法

知っておこう!家で取れるシミ・取れないシミ

家庭でシミ抜きをする場合、シミの種類とそれによって異なる対処法を把握しておくことが重要です。間違った方法で行なってしまうと、汚れがより悪化してしまうこともあるので気を付けましょう。家庭で落とせるシミは、「水溶性」と「油溶性」の2種類。水溶性のシミはしょうゆやコーヒなどーによるもので、油溶性のシミはチョコレートや口紅などによるものです。
シミには他にも血液がついてできる「たんぱくのシミ」や、ペンキなどでできる「樹脂のシミ」などがありますが、これらは家庭でキレイに落とすことは難しいので、プロのクリーニング店に頼ることをおすすめします。

いざ、自宅でシミ抜き実践

水溶性と油溶性を見分ける場合、まずシミに水を一滴たらして浸み込めば水性、水がはじかれれば油性です。またシミ抜きを行う前に、衣類の目立たない部分を使って色落ちなどが起きないかチェックしてください。

水溶性のシミを取り除く方法
1.水で軽く濡らして台所用洗剤をシミの部分に塗る
2.もみほぐすように洗うかシミ抜き棒でやさしく叩いて汚れを取る
油溶性のシミを取り除く方法
1.口紅によるシミの場合はクレンジングオイルをシミの部分に塗る。
2.布の裏側から歯ブラシや綿棒などで軽く叩いて汚れを取る。

同じ油溶性でもチョコレートによるシミの場合は、クレンジングオイルをシミ取り棒などに付けて、シミを直接叩いた方が効果的。口紅の汚れは布の表面に張り付いているのに対し、チョコレートの汚れは布に染み込んでいるからです。

上記の方法で落ちないシミでも、漂白剤を使うことで落とせる可能性があります。しかし、生地によっては色落ちしてしまうことがあるので、目立たない部分に漂白剤を付けてテストするか、クリーニング店に依頼しましょう。

マニキュア・墨汁・チューインガムのシミ抜き方法

家庭で取れにくいシミを抜く方法

マニキュアによるシミには除光液が効果的。歯ブラシやシミ抜き棒に除光液を付けてシミの部分をやさしく叩きます。必ず換気をして、火気のないところで行なってください。 墨汁によるシミを落とすには、シミの部分を水で濡らして固形石鹸で軽くこすります。汚れが浮き上がり拡がるので、すぐに水で洗い流してまた石鹸でこする、という工程をシミがなくなるまで繰り返してください。 チューインガムが張り付いてシミになってしまった場合、まず氷をナイロン袋などに入れて汚れを冷やして固め、ヘラなどでシミを剥がします。残ったシミにはガムテープの粘着部分を何度か当てて、剥ぎ取っていきましょう。最後に洗剤を付けつまみ洗いし、まだ残っているシミを取り除きます。 どのシミ取り方法も繊維を傷つけないようやさしく行うのがコツ。いくら試してもシミが取れない場合や、自分でシミ抜きするのが怖い大切な衣類の場合は、自己流で対処せずにプロにお任せしましょう

実際に頼んで決めた!
宅配クリーニング比較ランキング
どのサービスが1位?結果はこちら