梅雨時期の嫌なニオイに効果的な洗濯方法とは

梅雨時期の洗濯物を乾かすポイント

梅雨の洗濯物はとにかく早く乾かすことが大切!

雨の日ばかりでなかなか洗濯物が干せない梅雨。部屋の中で干しても湿度が高いため乾きにくく、部屋干しの嫌なニオイが発生しがちですよね。干してから5時間くらいするとニオイが出てくるので、ニオイを抑えるには素早く乾かすことが重要!乾きを早くするために「空気の通り道」を意識していきましょう。 実はこのニオイの原因は服についた雑菌。落としきれなかった汚れが酸化することで雑菌が発生するのですが、梅雨は高温多湿でこの雑菌が繁殖しやすい状態になっているのです。洗濯物を早く乾かし雑菌の繁殖を防ぐことで、梅雨時期の嫌なニオイを解消するコツを紹介していきます。

梅雨時期の洗濯悩みを解決する6つの方法

洗濯方法や干し方を工夫するだけで、嫌なニオイとおさらば!

梅雨のジメジメや嫌なニオイを解消するには、できるだけ早く乾かすのがポイント。以下にあげた6つの方法は自宅で簡単にでき、乾かす時間を短縮することができます。梅雨の洗濯物で悩んでいる方は一度試してみてください。

洗濯物を溜め込まずこまめに洗濯する

梅雨の時期は連日雨が続くので、晴れた日に一気に洗濯しようと洗濯を溜めてしまう人がいるのでは?しかし、梅雨は湿度が高く雑菌が繁殖しやすくなっているので、汚れた洋服を長い間放置することでニオイの原因となってしまいます。こまめに洗濯を行なうことは雑菌の繁殖を防ぎ、干す量が少なくなることで乾きやすくなる効果も。最低でも1日に1回は洗濯するようにしましょう。

いつもの洗濯より脱水を1回多めに

早く乾かすにはとにかく洗濯物の水分を取り除くこと。いつもの洗濯コースで洗った後もう一度脱水をかけて、できるだけ水分をしぼってしまいましょう。洋服の生地によっては脱水を強くかけることで傷んでしまうので注意してください。これだけでも乾くスピードが格段に変わります。

洗濯が終わったらすぐに干す!

湿度の高い洗濯機の中は雑菌が繁殖し放題。長い間放置しておくのは危険なので、洗濯が終わったらできるだけ早く取り出すようにしてください。「洗濯が終わるのを待つ間に他の家事をしていて、うっかり忘れていた!」ということがよくありますが、その間にもどんどん雑菌が繁殖してしまいます。

洗濯物と洗濯物のスキマは最低10cmあける

洗濯物同士のスキマが狭くなればなるほど空気の通りが悪くなるため、洗濯物の乾きが悪くなってしまいます。梅雨時期は室内に洗濯物を干すことも多く、干す空間を確保するのが大変かもしれませんが、少なくとも10cmは隣との間隔をあけてください。場所がないときは突っ張り棒を使って干せるようにすると良いですよ。

干すときは凸凹を意識する

風の通り道が多ければ多いほど洗濯物の乾きは早くなるので、長い丈の洗濯物と短い丈の洗濯物を交互に干して風の通り道をたくさん確保しましょう。交互に並べることで、長い丈の洗濯物同士の間に空間がうまれ、乾きやすくなります。

壁際は避ける

壁際に洗濯物を干すと風が通り抜けにくくなるため、乾きが遅くなります。壁が汚れていた場合、せっかく洗濯した衣類を汚すことにも。そのため、できるだけ壁から離れたところに干すよう心がけましょう。換気扇がついている浴槽内やエアコンの直下は、風が通りやすいためとくにおすすめです。

実際に頼んで決めた!
宅配クリーニング比較ランキング
どのサービスが1位?結果はこちら