安い宅配クリーニング全国マップ

デニムのクリーニング

スーツや洋服だけじゃない宅配クリーニングで頼めるアイテム

デニムパンツ、デニムジャケット

 デニム

デニムアイテムのお手入れにかける時間と手間はプロにお任せ!

家庭で洗濯すると色落ちが気になるデニムパンツやデニムジャケット。洗剤選びや洗濯方法など気をつけるべきポイントが多く、時間や手間をかけてしまいがちです。だからといって「洗わない」のはNG。汚れをしっかり落とさないまま放置してしまうと、生地が弱ったり型崩れを起こしたりしてしまいます。

宅配クリーニングは家事の負担になっている普段の洗濯に、これ以上の手間をかけたくない方におすすめのサービスです。洗濯にかけていた手間をクリーニングのプロが引き受けてくれるため、家にいながらプロの仕上がりを実感できます。クリーニング技術に長けた業者であれば生地の特性に合わせてしみ抜きやクリーニングを行ってくれるため、長持ち効果も抜群。

使い込むほどに味が出て愛着がわいてくるデニムアイテム。長く愛用したいからこそ、確かな技術を持った宅配クリーニング業者を利用するようにしましょう。

デニムを自分で洗濯する5つのポイント

デニム生地は丈夫というイメージがありますが、自宅で洗濯するときは色々な点に注意しないと色落ちや毛羽立ちの原因となります。

何度か洗濯すれば必ず色落ちするものですが、ダメージを最小限に抑えるために正しい洗濯のコツをおさえておきましょう。

ここではデニムジャケットやデニムパンツを洗うときに必ずやっておきたいコツを5つご紹介します。

【1.洗う前に裏返す】

デニム生地が色落ちする原因の一つは洗濯中の摩擦にあります。衣類どうしがこすれあうと染料が落ちてしまい、たった一度の洗濯でもかなり色あせてしまうのです。

そのため、デニム生地の衣類は洗濯機に入れる前に必ず裏返しにしましょう。裏側には染料が塗られていないので、摩擦が起きても色落ちする心配はありません。

【2.洗濯ネットに入れる】

デニムパンツやデニムジャケットをしっかり裏返したら、次に洗濯ネットに入れてしっかりファスナーを閉めます。単に裏返しただけでは摩擦を十分に防ぐことはできませんので、洗濯ネットは必須です。

なお、洗濯ネットへの入れ方は汚れ方に応じて変えるのがベスト。汚れがそれほどひどくない場合は折りたたんで入れると、洗濯機の遠心力の影響を最小限に抑えることができます。

一方、汚れがひどい場合はあえてたたまずに無造作に入れると、水の通りが良くなって汚れが落ちやすくなります。

【3.洗濯物に直接洗剤をかけない】

デニム生地を洗うときに絶対やってはいけないのは洗濯物の上に直接洗剤を振りかけることです。「あとで溶けるから同じでしょ?」と思うかもしれませんが、水が全部たまる前に洗剤の影響を強く受けてしまい、まだらに色落ちしてしまう可能性があります。

そのため、デニム生地の洗濯物は水が全部入った後に投入するのが正解。ただ洗濯機の種類によっては後入れできないものもありますので、その場合はある程度水がたまった後に洗剤を投入するようにしましょう。

【4.スピードモードで洗濯する】

洗濯機によっては通常より短い時間で洗浄するスピードモード、あるいは時短モードが搭載されています。デニム生地は長時間洗えば洗うほど色落ちしやすくなりますので、こうした機能が使える場合は積極的に活用しましょう。

【5.天然系の洗剤を使用する】

市販の洗剤は洗浄力が強いものが多いため、色落ちや毛羽立ちが起こりやすい傾向にあります。特にデニム生地は色落ちしやすいので、使用する洗剤は洗浄力がマイルドな天然系のものを使うようにしましょう。もちろん漂白剤の使用はNGです。

以上5つのポイントを紹介してきましたが、どんなに気をつけていてもデニム生地が色あせたり、毛羽立ったりするリスクは避けられません。家庭用の洗濯機や洗剤ではできることに限度がありますので、大事なデニムは自宅で洗うのは避けたほうがよいでしょう。

デニムをクリーニングに出すべき2つの理由

自宅で洗濯すればお金もそれほどかかりませんし、いちいち店に持ち込んだりしなくてよいので手軽です。

ただ、デニム生地の衣類を自宅で水洗いしてしまうのにはそれなりのリスクを伴うため、大事なジーンズやジャケットの被害を防ぎたいならクリーニングに出してプロに任せたほうが無難です。

ここではデニムをクリーニングに出したほうがよい理由と、おすすめの宅配クリーニング会社をご紹介します。

【理由1.色落ちする】

デニムに使われているインディゴ染料は、数ある染料の中でも特に色落ちしやすい素材として知られています。

その理由は、衣類の繊維に染料が定着しにくいことと、油分が多くてアルカリ性の洗剤を使うと落ちてしまいやすいこと。人によってはあえて色落ちを楽しむ方もいらっしゃいますが、まだらに色落ちしたり、買ったばかりのジーンズが色あせてしまうのは悲しいものですよね。

プロならデニム生地の扱いもよく知っていますので、クリーニングに出したほうが色落ちを最小限に抑えることができます。

【理由2.他の衣類に色移りする】

自宅でデニムを水洗いすると、デニムそのものが色落ちしてしまうのはもちろん、他の衣類に色移りしてしまう場合があります。

インディゴ染料の鮮やかなブルーは一度色移りしてしまうときれいに落とすのは至難の業。色移りを防ぐにはデニム生地と別洗いするほかありませんが、忙しい朝に2回も洗濯機を回すのは大変です。

クリーニング業者なら色落ちしやすいものとしにくいものをきちんと区別したうえでドライクリーニングしてくれますので、色移りの心配もなく、安心して洗濯してもらえます。

家庭用の洗濯機にもドライコースが搭載されているものはたくさんありますが、実はドライクリーニングとドライコースは似て非なるもの。ドライコースは水溶性の汚れを落とすのに適していますが、皮脂やメイクなどの脂汚れには弱く、また繊維が型崩れしてしまう可能性があります。

一方、ドライクリーニングは油脂汚れに強く、型崩れもしっかり予防できるので、デニム生地のクリーニングにぴったりと言えるでしょう。

ただ、宅配クリーニングサービスの場合、業者によってはドライクリーニングに対応していないところもありますので、ジーンズを出すときは事前に確認しておきましょう。

以下にドライクリーニングに対応している主な宅配クリーニング業者をまとめてみたので参考にしてみてください。

【人気宅配クリーニング店5社のドライクリーニング料金例】
クリーニング会社 ドライクリーニング1着あたりの料金(税別) 送料
せんたく便 詳しく見る 698円(最速10パックの場合) 無料
リネット 詳しく見る ジャケット 950円
  • 1個口あたり10,000円以上なら無料
  • 10,000円未満8,000円以上の場合は900円(北海道・沖縄は1,300円)
  • 8,000円未満の場合は1,800円(北海道、沖縄は2,600円)
パンツ 660円
白洋舎 らくらく宅配便 詳しく見る ジャケット 1,160円 1,600円
スラックス 640円

リーズナブルにデニムをクリーニングできるプランは?

お得なセットプランでリーズナブルに宅配クリーニングを体験

「色落ちは気になるけど、宅配クリーニングに出すと高くついてしまうのでは?」と不安に思う方もいらっしゃると思います。気になる宅配クリーニングの相場は1点あたり約500円~700円程度。衣類をまとめてクリーニングに出すとリーズナブルになる業者もあるため、セットプランを提示しているところがおすすめです。

家庭で洗濯すればコストはかかりませんが、時間と手間はどうしても必要になります。育児や介護で手一杯なお母さんや忙しい社会人の方は、宅配クリーニングを利用してみるのも家事テクニックの1つです。往復送料がかからなかったり、シミ抜きを無料で行ってくれたりする業者を選べば、さらにお得に利用できますよ。

宅配クリーニングは家にいながら衣類の受け渡しができるため、忙しい家事や仕事の合間をぬって店舗まで足を運ぶ必要がありません。コンビニ宅配サービスを行っている業者であれば、買い物や通勤途中に提携しているコンビニで衣類を預けることも可能です。毎日家事や仕事を頑張っているからこそ、時には自分へのご褒美として便利な宅配クリーニングを利用してみてはいかがでしょうか。

詰め放題サービスについて詳しくはこちら

デニムに向いた宅配クリーニング業者を選ぶポイント

デリケートなアイテムは素材に合った最適なクリーニングがポイント

デニムパンツやジャケットを宅配クリーニングに出す場合、デニムの染料や繊維に関する知識が豊富かどうかは重要です。せっかくコストをかけたのに、必要以上に色落ちしてしまうのは避けたいですよね。デリケートなアイテムだからこそ、生地に合わせた最適なクリーニングを行っているかをしっかり確認しましょう。実績の豊富さや品質管理の徹底、仕上がりに満足できなかった場合の再仕上げ対応なども業者選びのポイントです。

お手入れに手間がかかるデニムアイテムですが、収納場所にも困りがちです。宅配クリーニングサービスならクリーニング後の衣類をそのまま保管してくれるサービスもあるため、上手に利用したいもの。カビやダニ予防の加工オプションを有料で行っている業者もあるので、長く愛用したいアイテムに利用してみるのもいいかもしれません。

保管サービスについて詳しくはこちら

実際に頼んで決めた!
宅配クリーニング比較ランキング
どのサービスが1位?結果はこちら