安い宅配クリーニング全国マップ

上手な洗濯ネットの使い方

メニュー

上手な洗濯ネットの使い方

上手な洗濯ネットの使い方

上手な洗濯ネットの使い方

洗濯ネットを使いこなして衣服を長持ちさせるには

デリケートな素材の衣類や、レースなど繊細な装飾が施された下着類などの衣類を洗う際によく使う洗濯ネット。装飾やホックなどの金具が他の衣類を傷つけないためにも使用します。ストッキングなどの薄くて絡まりやすい衣類もダメージから守ってくれる洗濯の基礎アイテムです。プロのクリーニングでも欠かせないほど大きな役割を果たしている洗濯ネット。衣類同士の摩擦や絡まりを防ぐだけでなく、型崩れも防止する優秀な発明品です。
そんな洗濯ネットを自宅で上手に活用できる方法や、洗濯ネットに入れて衣類を洗うときに活かしたいポイントをご紹介。しっかり汚れを落とすコツについても調べました。これを知っておくだけであなたも洗濯マスターに!

洗濯ネットに入れた方がいい衣類は?

洗濯機で衣類を洗う前に洗濯ネットに入れておくと、衣類同士が摩擦して傷むのを防いでくれます。性能の良い洗濯機は洗浄力が高い分パワーも強いため、そのままの状態で衣類を投入して洗うと負担がかかり、傷みやすくなってしまいます。洗濯ネットに入れて洗った方がいいのは以下のような衣類です。

ビーズなどが飾りつけられている衣類

ビーズやラインストーン、スパンコールなどがあしらわれている衣類は、洗濯機にそのまま投入するのではなくネットに入れてから洗いましょう。1度の洗濯で外れてしまうこともあるので洗濯するごとに注意が必要です。

ニットなど型崩れしやすい衣類

最近では「洗濯機OK」表示のニットやスーツも多いですが、そのまま洗濯機に投入してしまうのはNG。洗濯機の強い力で生地が揉まれるため、型くずれを起こしやすくなってしまいます。ニットが入る大きめの洗濯ネットを使用しましょう。

ストッキングや生地が薄く傷みやすい衣類

デリケートな素材の衣類は摩擦や引っ張る力に弱いもの。洗濯機で洗っている間は水流や遠心力の作用で衣類が絡まりやすく、それが原因で衣類同士が引っ張り合う力が生まれます。あらかじめネットに入れて防ぎましょう。

他にも衣類に糸くずが付くのを防いでくれるなど大活躍の洗濯ネットですが、逆に使用することで洗浄力が弱まり、すすぎが悪くなるという面も。1枚の洗濯ネットに複数の衣類を入れてしまうと汚れ落ちが悪くなってしまうので注意しましょう。ネットに入れる前に衣類を裏返しておくと、皮脂汚れが落ちやすくなり、表地へのダメージも軽減できるのでおすすめです。

洗濯ネットの効果をアップするコツ

衣類を守りながら汚れをしっかり落とすために、洗濯ネットの上手な使い方をご紹介します。普段そのまま洗濯機に投入してもよい衣類のなかにも、洗濯ネットに入れて洗った方が効果的なメリットを得られる衣類もあるのでチェックしてみてください。

洗濯ネットには衣類1着を入れるのがベスト

複数の衣類を入れ過ぎないことが大切です。生地が水流に触れる面が少なくなり、汚れ落ちが悪くなります。また洗濯ネットの中で衣類同士が摩擦を起こし、ネットに入れたのに生地が傷んでしまうことがあります。1枚の洗濯ネットには1着の衣類を入れるようにしましょう。

衣類の大きさに合わせたネットを使う

衣類の大きさに合わせて洗濯ネットの大きさも変えましょう。大きな衣類を小さめのネットに入れて洗ってしまうとしわの原因に。また小さな衣類を大きいネットに入れて洗うと、洗濯機の中で衣類同士に引っ張られて型くずれを起こしてしまいます。

装飾がついた衣類や下着は裏返してから入れる

スパンコールやレースなどの装飾がついた衣類を洗濯による摩擦から守るために、衣類を裏返してからネットにいれましょう。下着類は肌に触れていた面を表にして洗濯ネットに入れると皮脂や汗の汚れが落ちやすくなります。その際、ホックなどの金具を閉めてからネットに入れておくと、金具が衣類やネットに引っかかるのを防いでくれます。

Yシャツやパンツは畳んでから入れる

衣類を畳んでからネットに入れておくと、そのまま洗濯機に入れて洗うよりもしわになりにくくなり、洗ったあとにアイロンがけしやすくなるのでおすすめです。Yシャツは畳んでから洗濯ネットに入れましょう。ロングパンツも畳んでからネットに入れて洗うと、洗濯機の中で絡まりにくくなり型くずれを防げます。

洗濯ネットの種類と向いている洗濯物

衣類の形や目的に合わせて、さまざまな大きさや形をした洗濯ネットが売られています。大きいネットに小物や少量の洗濯物を入れると、中で洗濯物が動いてしまい、しわができやすくなります。また小さいネットに何枚もの洗濯物を入れて洗ってはいけません。表面の全てが水流に触れなくなるため、汚れが落ちなくなってしまうので注意が必要です。

目の粗いネット
衣類が絡むのを防いだり、破れやスレを防いだりします。
適している衣類:白やうすいベージュなど淡色な生地、糸くずやホコリの付着が気にならないもの
目の細かいネット
ビーズやスパンコールなどの装飾品が外れるのを防ぎます。
適している衣類:装飾品やホックなど金具のついている衣類、ストッキングやタイツなどの薄い素材を使用した衣類
大物用ネット(約17.5?以上)
洗濯機の中で衣類が絡まるのを防いだり、型崩れや干したあとのしわを防いだりします。
適している衣類:スラックスやニット、毛布などの大きい衣類、タオルケット
ブラジャー用ネット
ワイヤーやカップの変形を防ぎます。ストッキングだけを洗いたいときにもちょうど良い大きさです。
適している衣類:ホックが付いているブラジャー、ワイヤー入りのブラジャー
ハンガー用ネット
衣類を固定して洗うため、縮みや型くずれを防ぎます。
適している衣類:ニットなどの型くずれしやすい衣類、Yシャツや洗えるジャケット

衣類によって洗濯ネットの種類を変えると洗濯機の洗浄力を保ちつつ、洗ったあとのお手入れもしやすくなります。洗濯ネットの種類とそれに合った衣類の組み合わせで、毎日の洗濯をより効率的なものにしてください。

実際に頼んで決めた!
宅配クリーニング比較ランキング
どのサービスが1位?結果はこちら