安い宅配クリーニング全国マップ

礼服・喪服・ドレスのクリーニング

スーツや洋服だけじゃない宅配クリーニングで頼めるアイテム

急に必要になる礼服・喪服のクリーニングと保管

着用するたびにクリーニングに出すのが正解

礼服・ドレス

普段着に比べると、喪服や礼服を着用する頻度は高くはありません。場合によっては数年に1回しか着用しない、ということもあるでしょう。しかし、数年に1回しか着用しない喪服、礼服だからこそ、そのイベントは冠婚葬祭など大きなもの。いわゆるセレモニーに着用するのが喪服、礼服なので、しっかりと手入れの行き届いた状態で着用していなければなりません。 その一方で、喪服や礼服を着用する機会は急に訪れるもの。数ヶ月前から予定が分かっている結婚式ならいざ知らず、通夜などのセレモニーについては、いつ連絡が入るか分かりません。だからこそ、いつ連絡が来ても良いように、喪服、礼服は普段からしっかりと手入れをしておく必要があるのです。

ところで喪服、礼服は、一般にどれくらいの頻度でクリーニングに出されているのでしょう? 「一度着用したら、なんとなくクリーニングに出す」という人もいれば、「数回着用してからクリーニングに出す」「とりあえず一年に一度、クリーニングに出す」という人もいるでしょう。

クリーニングの頻度は、衣類を所有する本人の意志によるため、何が正解ということはありません。しかしながら、喪服、礼服の着用目的や保管期間を基準に考えれば、「一度着用したらクリーニングに出す」というのが正解。なぜなら、喪服や礼服は、その着用シーンから考えて、一度着用すると食べカスや飲み物などの糖分などが染み込む可能性が高いからです。加えて、次回いつ着用するか知れないので、場合によっては、糖分などを付着させたまま数年間もクローゼットに吊るしたままになるかも知れません。そうなると、いざ着用の必要が出たときに、染みが濃くなっていたりカビが生えていたりなど、様々なトラブルに遭遇することになります。

スーツやコートなどであれば、何度か着用ののちにクリーニングに出しても問題ありません。しかし、喪服や礼服は、その着用シーンや保管期間の長さから考えれば、一度着用したらクリーニングに出すのが正解。着用回数に対して普段着よりもクリーニングの頻度が高いのが、喪服・礼服なのです。あわせて、セレモニーで着用する衣装になるので、加工や仕上がりにこだわったクリーニング店に依頼する必要があることも忘れてはいけません。

ドレスのクリーニングの注意

「手洗いOK」でも専門職人に任せたほうが良いワケ

ドレスを着用するシーンも、喪服・礼服と同じくフォーマルな場面。食事を伴うセレモニーで着用することも多いこと、および急に着用しなければならないことを考えると、やはり喪服・礼服と同様、着用するたびにクリーニングに出すことが基本でしょう。普段着とな異なる大事な衣装なので、加工や仕上がりにこだわったお店を選ぶことが大切です。

ところでドレスの中には、「手洗いOK」「洗濯機OK」などの表示タグが付いていることがあります。クリーニングに出さずとも自宅で洗濯ができるのであれば、手軽かつ安上がりなので理想的です。しかし、これら「手洗いOK」「洗濯機OK」の表示には、少々注意したほうが良いでしょう。

確かにそのような表示が付いているドレスについては、自宅での洗濯も可能です。しかしドレスの形状によっては、バスタブにお湯を張って優しく踏み洗いしなければならないドレスも少なくありません。バスタブでの洗濯を丁寧に行なったとしても、乾燥の段階で型崩れを起こすこともあります。型崩れなく上手に干しあがったとしても、今度はアイロンがけで苦戦することがあります。さらに、次回に着用するまでの保管状態を良好にしなければ、たとえ洗濯が済んでいてもカビが生えてくる可能性もあります。そもそも「手洗いOK」とは言われても、素人がレースやビジュー、スパンコールなどの衣服の飾りを傷めずに綺麗に仕上げることは、非常に難しいと考えられます。

礼服や喪服と同じく、大事なセレモニーで着用するドレスです。「手洗いOK」や「洗濯機OK」の表示があったとしても、専門職人のいるクリーニング店に洗濯をお願いすべきでしょう。

礼服・喪服・ドレスの宅配クリーニング価格相場

意外に安い? 礼服・喪服・ドレスのクリーニング価格相場

礼服やドレスなどのクリーニング相場は以下の通りです。

アイテム 平均価格
礼服(ボレロ) 1,000~1,300円
礼服(ジャケット) 1,000~1,500円
礼服(スラックス) 700~1,100円
礼服(スカート) 700~1,000円
礼服(ワンピース) 1,200~2,600円
パーティードレス 2,500~3,500円

購入価格については、一般にスーツよりも高額となる礼服や喪服。特別なセレモニーで着用するというイメージも手伝って、礼服やフォーマルなドレスのクリーニング料金も高額になると考えがちです。 しかしながら上記の価格表を見ても分かる通り、礼服・喪服だからと言え、またフォーマルなパーティードレスだからと言え、かならずしも高額とは言えません。むしろ「安い」と感じた人も多いのではないでしょうか?

大事なシーンで着用する礼服・喪服・ドレスです。着用の頻度は決して高くないわけなので、衣装を良質な状態で長持ちさせるためにも、一度着用したらクリーニングに出すようにしたいところです。

実際に頼んで決めた!
宅配クリーニング比較ランキング
どのサービスが1位?結果はこちら