シルクやウールの汚れを落とす!ウェットクリーニングの基礎知識

ウェットクリーニングってどんなクリーニング法?

汗やシミを落とすクリーニング最後の砦

ウェットクリーニングとは、水溶性の汚れを落とすためにできるだけ衣類にダメージを与えず洗濯をする方法。ドライクリーニングでは落ちない汚れを落とすための洗濯技術になります。

通常ドライクリーニングにしか出さないスーツ・コート・ジャケット・ネクタイなどは水溶性の汚れが残りやすくなっています。

水溶性の汚れが残るデメリットは、放置して時間が経ってしまうと衣類が黄色く変色したりニオイが残ったりすることです。特に夏場に着用した衣類は要注意。定期的にウェットクリーニングに出すようにしましょう。

ウェットクリーニングで洗える衣類の種類

ウェットクリーニングで洗える衣類は大きく分けて4種類

ウェットクリーニングで洗える衣類は大きく4つに分けることができます。まず1つ目はウール素材のコートやジャケット・シルク素材のブラウスなど。

2つ目は、ドライクリーニングをすると剥がれる恐れがある樹脂を使ったプリントシャツやポリ塩化ビニル樹脂が使われた合成皮革など。ドライクリーニングができない衣類。

3つ目は、長期間使用し紫外線を浴び続けたカーテンや壊れやすい装飾品がついている衣類など。本来水洗いできるが、洗濯すると破れる危険性がある製品。

4つ目は、ポロシャツやゴルフ用のズボンなど、水洗いとドライクリーニングが可能なもの。汚れや汗がついているためにウェットクリーニングが望ましい衣類。

この4種類に当てはまる場合は、ウェットクリーニングで洗濯しましょう。

ウェットクリーニングは家庭とプロ、どちらがいい?

家でもできるの?

ウェットクリーニングは家でも行うことができますが、失敗する可能性もあります。ウェットクリーニングには明確な洗濯処理の基準がないため、技術にばらつきがある洗濯方法です。洗濯物の素材や汚れの付着状況・使用する洗剤や設備によって仕上がり具合が変わってきます。

自分でやるより、プロに任せた方が安全

自分の家でウェットクリーニングを行うよりも、洗濯のプロであるクリーニング業者に依頼した方が安全です。クリーニング業者は日々技術を高めているので、衣類の状態に合わせて最適なウェットクリーニングを可能にします。

特に大切にしている衣類やブランド物など、失敗できないものはクリーニング業者に任せた方がいいでしょう。コートやジャケット・スーツを運ぶのは大変ですから、宅配クリーニングを使って家まで衣類を受け取りに来てもらえば手間が省けて楽チンです。

ウェットクリーニングができるおすすめの宅配クリーニング

決め手は「料金の安さ+品質」

ウェットクリーニングは手間がかかり従来の洗濯料金に比べて割高なので、料金の安い宅配クリーニング業者がおすすめ。宅配クリーニングは店舗を持たないので、店舗型クリーニング業者より安い料金でサービスを提供してくれます。ほとんどの家庭はまとめて一気にクリーニングを依頼するためコストが数万円かかるなんてこともありますが、料金が安いところを選ぶことで1回あたり数千円得することだってできます。ウェットクリーニングに出す衣類は高額なものがほとんど。そんな衣類を大切に扱ってくれる業者を見極めることが大切です。

実際に頼んで決めた!
宅配クリーニング比較ランキング
どのサービスが1位?結果はこちら