安い宅配クリーニング全国マップ

クリーニング前後にチェックすべき注意点

メニュー

クリーニング前後にチェックすべき注意点

クリーニング前後にチェックすべき注意点

クリーニング前後にチェックすべき注意点

衣類をクリーニングに出す際の注意点

早く安く仕上げてくれるクリーニング業者は人気がありますが、ただ「安くて早ければいいや」と安易にクリーニング業者を選んでしまってはいけません。多くの洗濯物を扱うクリーニング工場内では、洗浄や乾燥の工程で毎日のように問題が発生しているため、せっかくクリーニングでキレイにするつもりだったのに、扱いかたや不注意が原因で大切な衣類が着られなくなってしまうことも。そうならないためにも、クリーニングに出す前と戻ってきたあとに注意しておくべきポイントをご紹介します。

クリーニングに出す前のチェック

トラブルの原因にならないために

クリーニングに出す前に以下の項目はチェックしておきましょう。きちんとチェックしておかないと、ボタンや装飾品、取り外しできる衣類の一部分が無くなってしまう可能性や、ポケットの中の物が思わぬ大きなトラブルにつながることも。

ボタンや装飾品がとれそうになっていないか

こちらはクリーニング時のトラブルで一番多いケース。取れそうになっているボタンや装飾品は、洗浄や乾燥の工程で最も紛失しやすいものです。取り外し可能な装飾品などはあらかじめ外し、取れそうになったボタンは直してから出すことをおすすめします。

ポケットにボールペンやサインペン、ライターなど小物が入っていないか

事故を防ぐためにも、ポケットの中身は必ず確認して小物が入っていないか確認しましょう。特にライターは、そのままクリーニング工場のラインに乗ってしまうと、爆発事故を起こしてしまう原因となるため危険です。またペン類も要注意。一緒に洗浄されてしまうと、ペンのインクが一緒に洗浄した衣類全てに付いてしまい、取れなくなってしまいます。

合成皮革でないか

冬服のアウターやジャケットが多く出される衣替えの季節に多いトラブル。着用具合や保管方法によっても異なりますが、合成皮革の寿命は3年ほどです。特に、熱や湿気により革が弱くなった状態の衣類をクリーニングに出してしまうとボロボロになってしまいます。革の表面にヒビが入ってしまっている衣類は要注意。どうしても出したい場合には受付の際にクリーニング業者に相談してみましょう。

クリーニング後のビニールの包みの始末

クリーニングから戻ってきたらビニールは外しましょう

クリーニングから戻ってきた衣類は、ビニールの袋で覆われていたり包まれていたりします。キレイにビニールがかかっているので、思わずそのままクローゼットにしまいたくなりますが、実はこれがNG行為。袋をかぶせたまま保管していると、袋のなかで湿気が溜まってしまいカビの原因になります。また、ビニール包装には透明度を保つために酸化防止剤が使われています。ビニールをかぶせたままの状態で長く置いていると、酸化防止剤が揮発して衣類を黄色く変色させてしまうことがあるので注意が必要です。

クリーニングの事故が起きたら?

トラブルに対応できる業者選びを

クリーニング時にトラブルが起きてしまった衣類を「事故衣料品」といいます。もしも自分が出した衣類に事故やトラブルが起きてしまったときに対応できるクリーニング業者選びも重要です。業界が定めた「クリーニング事故賠償基準」という一定の基準によって事故衣料品に対し賠償額が支払われることがあります。賠償基準が適用されるのは全国のクリーニング生活衛生同業組合に加盟している業者や、厚生労働省が認可した営業約款に基づいて営業している店舗です。目印はLDマークやSマークと呼ばれる認定登録。このマークを取得している業者を選んでおくと、万が一のトラブルに対応できるので安心です。預かりから引き渡しまで責任を持って対応してくれる業者を選びましょう。

実際に頼んで決めた!
宅配クリーニング比較ランキング
どのサービスが1位?結果はこちら