安い宅配クリーニング全国マップ

クリーニングに出すべき衣類と洗う頻度

メニュー

クリーニングに出すべき衣類と洗う頻度

クリーニングに出すべき衣類と洗う頻度

クリーニングに出すべき衣類と洗う頻度

クリーニングに出す服の基準と頻度

クリーニングは洗濯マークで見極めよう

「家でセーターを洗ったら縮んだ」なんて悲しい経験をしたことはありませんか。それはクリーニングに出すべき衣類と出してはいけない衣類の判断がついていないことが原因です。洗濯して良いかどうかを見極めるためには、洗濯マークを見ることが大切。誤った洗濯をしてしまうと、衣類や生地にダメージを与える可能性があります。洗濯マークで「家庭では洗えない」となっている衣類は、すべてクリーニングへ出しましょう。

とはいえ洗濯マークはたくさんあるので、一度にすべてを覚えきるのはとても大変。ですので、基本的な4つの洗濯マークを覚えることをおすすめします。

覚えておくべき洗濯マーク

洗濯処理記号(基本記号) 家庭で洗濯できるものはすべて桶のマークで表示されています。
漂白処理記号(基本記号) 塩素系や酸素系の漂白剤を使用できます。
商業クリーニング処理記号(基本記号) ○がついた記号はすべてクリーニング可能です。
処理・操作の禁止記号(付加記号) ×がついた記号は手洗い、洗濯機の水洗いは禁止です。
引用元:消費者庁公式ホームページ(http://www.caa.go.jp/hinpyo/guide/wash_01.html)

「Pマーク」と「×マーク」がついていれば、クリーニングに出す目安にしましょう。

合皮と言われるウレタン製品や表と裏を接着剤で張り合わせているボンディング加工品は、クリーニングに適してないので注意が必要です。

衣類のタイプ別クリーニング頻度の目安

衣類の種類によってクリーニングへ出すタイミングや頻度は違う

衣類によってクリーニングに出すタイミングと頻度は異なります。それぞれの衣類に合ったタイミングや頻度を把握することで、長く使用することができます。

ワイシャツ

ワイシャツは1回着るだけでも襟や袖口に皮脂がつくので、すぐにクリーニングに出すようにしましょう。宅配クリーニングならシミ抜きが無料なのでおすすめです。ワイシャツはクリーニングへ定期的に出すとキレイに長持ちしますよ。

フリルやプリーツスカート

フリルやプリーズスカートは型崩れする可能性があるので、クリーニングに出すようにしましょう。タイミングは、汚れがついたり臭いが気になったときで十分です。

上質のニット

アンゴラ・ウール100%・カシミアなどのセーターやニットは、自分で洗濯してしまうと縮む恐れがあります。縮みを避けるためにも、クリーニングに出すのがおすすめ。1〜2週間に1回を目安にすると良いでしょう。

ファーやベルトがついた衣類

ジャケットやコートには、ベルトやファーがついているものがあります。これらは衣替えのタイミングで出すのが最適。クリーニング店によってはベルトやファーのついた衣類は付属品としてカウントされて追加料金を取られる可能性があるので、クリーニングに出すときに確認するようにしましょう。

ブランド衣類

エルメスやシャネル、グッチなどの高級ブランド衣類はできる限りクリーニングに出すようにしましょう。プロが洗うことでダメージ減らせて、長持ちさせることができます。しかし、何度もクリーニングに出してしまうと傷んでしまうので、汚れたタイミングやシーズン終わりに出すのがおすすめです。

最近ではクリーニング店と全く同じ内容のサービスを受けられる「宅配クリーニング」が人気。自宅に集荷へ来て、クリーニング後は自宅まで届けてくれるので大変便利です。業者によっては往復の送料無料や詰め放題サービスなどを行っているところもあるので、お得に利用できますよ。

実際に頼んで決めた!
宅配クリーニング比較ランキング
どのサービスが1位?結果はこちら