安い宅配クリーニング全国マップ

クリーニングとコインランドリーや家庭の洗濯の違いは?

メニュー

クリーニングとコインランドリーや家庭の洗濯の違いは?

クリーニングとコインランドリーや家庭の洗濯の違いは?

クリーニングとコインランドリーや家庭の洗濯の違いは?

洗い方と溶剤の違い

油汚れに強い溶剤を使った「ドライクリーニング」

クリーニング店とコインランドリーの主な違いの1つに洗い方があります。コインランドリーは水を使って洗いますが、クリーニング店は石油から作られた溶剤を使用する「ドライクリーニング」が基本。溶剤で洗うドライクリーニングの長所は、縮み・色落ち・型崩れなどを起こさず衣類を洗えること。水で洗わないので繊維が膨張せず、シワになることもほとんどありません。もう1つは、油汚れを落としてくれること。人間の体から出る皮脂汚れや日常生活で浴びてしまう排気ガスなど、衣類には目には見えない油汚れが非常に多く含まれています。これらの油汚れを、同じ油溶性を持つ溶剤が取り除いてくれるのです。水にも油にも溶けないススなどの「不溶性粒子」を油汚れと一緒に落としてくれる効果もあります。

10種類以上の洗剤を使い分けるクリーニング

洗剤の配合を変えて汚れ落ちの効果アップ!

コインランドリーで使われている洗剤は家庭用洗剤とほとんど同じです。市販されている家庭用洗剤は汚れを落とす界面活性剤や漂白成分、酵素成分などを含み、色落ちや色移りが起きないように誰が洗っても失敗しない配合で作られています。一方、クリーニング店はドライクリーニングが主流ですが、洗剤を使うことも。ただし使われる洗剤は、家庭用洗剤を配合前の状態に戻したもの。界面活性剤の成分だけを持つ洗剤や漂白成分に特化した洗剤、油汚れを落とすための洗剤など個別に効果が分かれた洗剤が10種類以上あり、洋服の色・形・素材に合わせて洗剤の配合を組み分けながら使用しています。そうすることで汗や尿などの水溶性汚れを落とす効果がアップ!通常のクリーニングより料金が割高になる可能性がありますが、水溶性の汚れを落とすためにはウェットクリーニングがおすすめです。

複数の乾燥法を使い分けるクリーニング店

衣服によって3種類の乾燥法を使い分け

コインランドリーの乾燥法の特徴は仕上がりの早さ。100円玉を用意して、ドラム式の乾燥機に洗濯物を投入するだけで、数十分後には乾いた衣服を持ち帰ることができます。電気またはプロパンガスの熱を利用して乾燥させるので、乾燥後の衣服はふわふわな仕上がりに。一方、クリーニング店では衣服の種類や状態によって3種類の乾燥法を使い分けています。1つ目は回転乾燥という家庭やコインランドリーのドラム式洗濯機と同じように、衣類を回転させながら乾燥させる方法。素材や形状の違いによって衣服を仕分け、それぞれ最適な方法で乾燥させていきます。2つ目は、衣類をハンガーにかけたまま大型の専用機械を使って乾かす吊り干し乾燥と呼ばれる方法です。ハンガーにかけた状態の衣服に熱風を送り込んで乾燥させていくので回転乾燥よりも時間はかかりますが、型崩れや縮みを防ぐのに適しています。2種類の乾燥を行えない場合に行われるのが自然乾燥。天気や湿気などに左右される可能性が高く、完全に乾燥するには1日から1週間程度の時間がかかる場合があります。機械による物理的な処理を行わず、衣類へのダメージも少ない方法です。

実際に頼んで決めた!
宅配クリーニング比較ランキング
どのサービスが1位?結果はこちら

宅配クリーニング比較ランキング