安い宅配クリーニング全国マップ

高い洗浄力!ランドリークリーニングの基礎知識

メニュー

高い洗浄力!ランドリークリーニングの基礎知識

高い洗浄力!ランドリークリーニングの基礎知識

高い洗浄力!ランドリークリーニングの基礎知識

ランドリークリーニングってどんなクリーニング法?

洗浄力が断トツに高い業務用の水洗いクリーニング

ランドリークリーニングとは、クリーニング工場で行う水洗いのこと。「水洗い」と聞くと、家庭用洗濯機での洗い方と同じだと思う人もいるかもしれませんが、機械や洗剤、水質など違う点が多く、仕上がりの良さが圧倒的に違います。最大の特徴は洗浄力の高さ。Yシャツやシーツといった水に塗れても問題ない衣類を、石鹸やアルカリ剤など業務用の洗剤を使って温水で洗うことで、洗浄力をアップさせるクリーニング方法です。渦巻き型が多い家庭用洗濯機とは違い、業務用の大型ドラム式洗浄機は強い力でムラなく効率的に叩きつけ洗いができます。イヤなにおいの元になる汗や家庭で落とすのが大変な襟・袖口の汚れに向いている洗い方なので、夏場のまとめ洗いに最適。旦那さんが会社に着ていくシャツやお子さんが部活で使うユニフォームをまとめて真っ白にしたい主婦の皆さんにおすすめのクリーニングです。

ランドリークリーニングと家庭の水洗いの違い

水洗いなら家庭でも出来るけど…プロの仕上がりとはこんなに差が出る!

家庭洗濯とランドリークリーニングの違いは、大きくわけて以下の4つです。

  • ・洗濯温度
  • ・使用する洗剤の種類
  • ・漂泊効果
  • ・洗濯機の構造

質の良い洗浄と洗濯時の水温は、密接な関係にあると言えます。多くの家庭では40℃以下の温度で洗濯をしていますが、ランドリークリーニングは50〜70℃の温度で洗うところがほとんど。これは、高めの温度で洗濯することにより、洗浄効果が高くなるからです。油汚れにも有効で、現在一般家庭向けに開発されている洗濯機には、温度調節機能が備わっている洗濯機も珍しくありません。

洗剤については、家庭用のワンショット洗剤とは異なり、洗剤(もしくは石けん)に助剤を加えて洗濯を行います。特にアルカリ剤が有効と言われており、多くのランドリーが取り入れているよう。そこへ漂白剤を足すことで、よりキレイに、より白く洗いあげることができるのです。

さらに、洗濯機の構造にも注目しましょう。一般家庭で使用されている洗濯機のほとんどは渦巻き式で、加わる力にムラがでてしまうもの。ランドリーで使われる洗濯機はドラム式なので、比較的均一に洗浄できるメリットがあります。ドラム式は「叩き洗い」なので、汚れの落ちも◎。

ちょっとした違いが「キレイ」をつくる

「衣類を機械に入れて洗浄する」。家庭でもランドリーでも、その本質は変わりません。しかし、温度や使用する洗剤、洗濯機の構造など、少しの違いが「出来栄え」に大きく影響します。汚れの落ち具合や殺菌効果を考えても、ランドリークリーニングのメリットは大きいと言えるでしょう。

上手なランドリークリーニングの利用法

落としにくいシミや黄ばみをなんとかしたい

「毎日きれいに洗っているのに、襟元がだんだん黄ばんできた…」なんて経験はありませんか?歯ブラシでゴシゴシ洗うのもひとつの手ですが、疲れるだけでなく時間もかかります。お洗濯をラクにするなら、プロに任せるのが一番!素材や汚れに合わせて洗剤の調合を変えるため、市販の洗剤よりも高い洗浄効果が期待できます。シミや黄ばみなどの目立つ汚れを落としたい時に、ピッタリのクリーニング方法です。

お気に入りの服を洗いたい

水洗いOKな衣類は家庭でも洗濯できますが、洗った時に服と服がスレて洗濯ダメージを受けることも…。

お気に入りの服を長く着るため、ダメージは最小限に抑えたいものです。クリーニング工場では色や素材をチェックして、最適な洗剤を選んで洗ってくれます。衣類を洗うプロ仕様の洗浄機は大きいため、洗っている時に衣類同士があまりスレません。きれいに仕上がるので、着心地も着た時のシルエットも100点満点!ダメージを最小限に抑えて、お気に入りの服をきれいに着こなしたい時におすすめです。

実際に頼んで決めた!
宅配クリーニング比較ランキング
どのサービスが1位?結果はこちら