縮みや型崩れを防止するドライクリーニングの基礎知識

ドライクリーニングの技術について

水洗いよりも衣類に優しい洗濯方法

クリーニング店で行われるドライクリーニングとは、衣類を傷つけないように優しく洗う洗濯方法のことをいいます。家庭での水洗いは、洗い終わるとシワができてしまいますよね?シャツやスーツなどはシワが目立ってしまい、アイロンをかけるのも一苦労…。こういったシワができやすい衣類を家庭で洗濯するのは、あまりおすすめできません。

そこで登場するのが「ドライクリーニング」です。衣類を傷めずに洗う方法として、1830年頃にフランスで開発されました。水で洗うと色落ちや型崩れ、縮みなどが発生してしまいますが、ドライクリーニングは水ではなく有機溶剤を使用することで、衣類を傷めずに洗うことができるようになったのです。

ドライクリーニングで重要な有機溶剤とは?

有機溶剤は、例えるなら石油・灯油・ガソリンといった油の一種です。ウールやレーヨンといった素材を使用した衣類は、水で洗ってしまうと縮みやすく型崩れが起きてしまいます。そうならないように、水ではなく油を使って洗っているのです。

実際にドライクリーニングで使用しているのは、石油系、パークロールエチレンといった有機溶剤。「家でもドライクリーニングしてるよ!」という方もいますが、大きな間違いです。有機溶剤は水と同じように流してしまうと排水汚染となってしまうため、家庭での使用はできません。もちろんクリーニング店でも普通に捨てることができないため、汚れを取り除き、ろ過をすることで再利用しています。

家庭でドライクリーニングをしていると勘違いされている方は、「ドライ衣料用洗剤」を使用しているのではないでしょうか?これは水で洗っても型崩れや縮みが起きないように工夫して作られた洗剤なので、ドライマークがついた衣類を水洗いしていることになります。決してドライクリーニングをしているワケではありませんよ。

ドライクリーニングの代表的メリット

型崩れ・縮みが起こりにくい

ドライマークが記載されているような素材は、水洗いしてしまうと型崩れや縮みを起こしてしまうことがあります。ポケットにティッシュが入った状態で水洗いすると、ボロボロになって出てきた経験があるのではないでしょうか?これと同じように、衣類もシワになった状態で洗いあがってしまいます。

しかし、有機溶剤を使用するとティッシュや紙などがボロボロになることはなく、間違って洗ってしまっても洗う前の状態を維持したままなのです。ティッシュや紙が崩れないということは、衣類の場合でも型崩れや縮みが起きない優しい洗濯方法ということがわかります。

高い洗浄力で頑固な油汚れも落ちやすくなる

シャツについた皮脂による襟汚れや口紅などの汚れは、水で洗ってもなかなか落ちません。つけ置きしても少し薄くなるくらいなので、諦めてしまう方もいるのではないでしょうか。ドライクリーニングは有機溶剤という油を使って洗浄するので、油性の汚れに強いという特徴があります。襟汚れや口紅だけでなく、外出した際についたススやほこりが皮脂によって固まってしまった汚れも取り除くことが可能です。しかし、汗やアルコールといった水溶性の汚れに関してはそこまで洗浄力は強くありません。クリーニングに出す際は、どの洗濯を選ぶべきか店員に相談して決めるようにしましょう。

ドライクリーニングでは、家庭での洗濯で落ちないような汚れを落とすことができます。無理に水洗いをしようとすると、衣類が傷んでしまい最悪の場合着られなくなることも。そうならないように、型崩れや縮みなどが起きてしまうような衣類は、プロのクリーニング業者に任せるようにしましょう。

実際に頼んで決めた!
宅配クリーニング比較ランキング
どのサービスが1位?結果はこちら