クリーニングの品質を左右する仕上げ作業とは

アイロンを使った仕上げについて

特殊な機械を使いながらキレイなシルエットに整える

仕上げとは、洗浄やシミ抜きの終わった衣服にアイロンをかけていく工程を指します。衣類を洗う際、クリーニング店と家庭で大きく差が出るのがこの仕上げ。クリーニング店では職人の技術と特殊な機械によって丁寧にプレスされ、新品のような立体的なシルエットに仕上がります。クリーニング師の実技試験にアイロン仕上げが組み込まれているほど、仕上げの技術はクリーニングの工程において重要視されているものです。

仕上げの目的は風合いや形の変化を防ぎ、シワのない状態すること。濡れた衣類を高温でプレスすることで殺菌・消毒の役割も果たしています。ズボンやジャケットなど衣服の種類別や、襟や袖といった部分別に専用のプレス機があり、組み合わせて使用することで立体的なシルエットに仕上げることができるのです。

クリーニングの品質を左右する“仕上げ”

機械だけでプレスしきれない細かい部分があるため、プレス機を利用したときも最後は手作業で仕上げている業者がほとんどです。職人の技術によって仕上がりが左右されるので、クリーニング業者を選ぶときはベテランのスタッフが揃っているかといった技術力の高さにも注目してみてください。業者によって固めに仕上げてくれるところや柔らかめに仕上げてくれるところなど違いがあるので、まずはYシャツを1度クリーニングに出してみて、自分の好みの仕上がりかを確認すると良いですよ。

仕上げの種類「プレス機」と「手作業」

2種類どちらにもメリットがあるので衣類によって使い分けられている

ほとんどのクリーニング業者はプレス機と手作業の両方を使って仕上げていますが、場所によってはプレス機か手作業のみで作業しているところも。それぞれで特徴やメリットが異なり、衣類によって使い分けている場合もあります。

プレス機での仕上げ

洗浄が終わり濡れている洋服を、専用の機械にセットしてプレスする方法です。機械には人型のものや襟・袖に特化した形も。複数の機械を導入しているクリーニング業者も多く、職人がそれぞれの衣類にあったものを選んで使用しています。作業スピードがとにかく速いのが特徴で、ワイシャツなら1時間で50~60枚の仕上げが可能。人の手をかけず大量に仕上げることができるため、低価格なクリーニングサービスを実現できます。以前は「機械だと仕上がりが良くない」と言われていましたが、最近は性能の高いプレス機が多く開発されているので、機械でも十分にシワを伸ばせるようになりました。YシャツやTシャツなどを大量にクリーニングしたい人は、プレス機で仕上げている業者を利用すると安くキレイに仕上げてくれますよ。

手作業での仕上げ

1つひとつの衣類にアイロンをかけて仕上げていく方法です。機械ではプレスしきれない細かい部分までアイロンをかけることができ、形や素材を問わずさまざまな衣類に対応できるのが特徴。形を見ながら丁寧にアイロンをかけていくので、きれいで立体的なシルエットに仕上がります。アイロンの蒸気が残るとシワになりやすくなるため、蒸気を逃がしながらアイロンをかけられる特殊な台を利用するのが一般的。衣服についているボタンや飾りなどは種類によってプレス機で変形・破損してしまうことがあるため、特殊な衣類や高価な衣類の場合はすべて手作業で仕上げを行なっている業者もあります。

実際に頼んで決めた!
宅配クリーニング比較ランキング
どのサービスが1位?結果はこちら