安い宅配クリーニング全国マップ

安いと仕上がりが悪くならないの?

ポチッと頼む前にみんなの疑問を解決宅配クリーニング利用時のよくあるQ&A

料金が安いと仕上がりが悪くならないの?

Q&Aの安い

「安かろう=悪かろう」ではないのが宅配クリーニング

宅配クリーニングと実際の店舗を構えるクリーニングチェーン店の違いは「お店があるかないか」だけです。クリーニング工場で行う作業は全く同じ。そう考えると、不安は軽くなるはずです。古くから地元に愛され根付いている、しみ抜きや和服に強い専門性の高いお店しか使っていないという方なら別ですが「そういえばチェーン店しか使っていないな」という場合は、宅配クリーニングも充分に視野に入るはずです。

安かろう悪かろうと即断するのは早すぎます。そもそも宅配クリーニングは、お店を持たないことでお客様に安くサービス提供するものです。この仕組みさえ理解しておけば、安いから悪いと判断してはならないといえますね。

安くてもいい仕事をする宅配クリーニングの見分け方

簡易なしみ抜きが料金内であること

汗じみやちょっとした食べこぼしなど、日常の汚れならばOKという「しみ抜き料金込み」の会社は狙い目です。衣類のひとつひとつをチェックする手間を惜しんでいないということ、技術があること、顧客満足によるリピートを得るために地道な努力を積んでいること。つまり、お客様ありきという志を持っている会社と判断できるからです。

気になる宅配クリーニング会社を見つけたら、(特殊なシミは別として)日頃の着用で起きるシミ抜きが有料か無料かをチェックしてみてください。その会社の“心意気”をはかる一つの重要なポイントです。お客様が満足し、リピートしてくれれば会社も満足、そういうホスピタリティを見抜けるのがシミへの対処です。

返送時の梱包状態をチェック

宅配クリーニング独特の心配事として「返ってくるときはピンとハリのある状態で戻ってくるのだろうか」という点があるはずです。実店舗に出向くなら自分自身で注意をして持ち運びをすればよいのですが、宅配クリーニングは自宅と工場を繋ぐパイプは、宅配業者に託される段ボール箱(専用袋)です。

サイトに掲載されている、返送の荷姿などを確認しましょう。衣類はたたまれるのでしょうか、それともハンガーにかかって戻ってくるのでしょうか。必要に応じて緩衝材が使われていますか。細かな配慮があってこそ、仕上がりの良さが保たれるといっても過言ではありません。クリーニング業者に託す以上、仕上がりの良さとそれを保つ工夫に注目です。

仕上げの好みを確認する方法は?

特に好みの分かれるワイシャツ・ブラウスで試してみる

出してみたいなと思える宅配クリーニング業者が見つかったら、まずは日常的に着用するワイシャツやブラウスを出してみましょう。直接肌に触れる面積が大きいだけに、仕上げの好みが分かれるのがこれらの衣類です。

パリッとした仕上げが好みですか?それともソフトな感じが好みでしょうか。手仕事のアイロンであるにしても、プレス機を使用しているにしても、技術の差が現れるのがこの最後の仕上げです。好みと技術のマッチする会社を選ぶことがとても大切なのです。

仕上げの良し悪しは自分の好みに大きく左右されるといってもいいでしょう。このポイントを見極めるためにも、シャツ類からトライしてみるのが最善の方法です。

実際に頼んで決めた!
宅配クリーニング比較ランキング
どのサービスが1位?結果はこちら