安い宅配クリーニング全国マップ

宅配クリーニングの歴史を教えて!

ポチッと頼む前にみんなの疑問を解決宅配クリーニング利用時のよくあるQ&A

宅配クリーニングの歴史を教えてくれますか?

クリーニングの歴史は意外と古い!

こちらではクリーニングの歴史について紹介しています。クリーニングの歴史は意外と古く、しかもひょんなことがきっかけで生まれました。それから今日まで、クリーニングはさまざまな進化を遂げています。店舗に持っていくクリーニングから宅配クリーニングまで、サービスが生まれたきっかけや特徴をご紹介。宅配クリーニングの最新サービスも紹介しているので、ぜひご覧ください。

クリーニング技術の歴史

はじまりは19世紀のフランスだった

クリーニングのはじまりは諸説ありますが、1849年にフランスの仕立て屋のジョリー・ボランが油で衣料の汚れが拭き取れることを発見したのが始まりと言われています。その技術が1855年のパリ万国博覧会で紹介され、世界中に広がりました。

富裕層向けだった日本のクリーニング

日本のクリーニングの始まりは室町時代までさかのぼります。富裕層向けに衣服を作る商売を行っていた「紺屋」と呼ばれる職業の人々が洗濯業も兼ねていました。江戸時代には「洗濯女」が登場し、とても人気の高い職業となっていたそうです。これがのちのクリーニング店の始まりとなります。

明治初期のクリーニング店ではソーダと石鹸を使い、板や石段に叩きつけたり、板の上に乗せて棒でたたいて汚れを落とす方法が主流だったそうです。

白洋舎によって実用化されたドライクリーニング

機械によるクリーニングが始まったのは明治31年、東京に開店した「西洋クリーニング店」が始まりで、ドライクリーニングが伝わったのは明治40年ごろ。クリーニング店の白洋舎がドライクリーニングを研究し、実用化したのが始まりです。

「水を使わない=ドライクリーニング」ではない!?

店舗で行うクリーニングはドライクリーニングが主流です。ドライクリーニングの語源は水を使う(ウェットにする)ことの反対で、油を使う(ウェットにしない=ドライにする)という考えから生まれたという説が有力です。揮発性の溶剤を使うため、「乾くのが早い」という意味で「ドライ」と呼ぶ説もあります。

クリーニング技術の進化に合わせて、サービスもユーザーのニーズに合わせて変化してきました。数あるクリーニングサービスの中で今特に注目されているのが宅配サービスです。

進化を続ける宅配クリーニングのサービス

「持っていく」クリーニングから「来てもらう」クリーニングへ

一昔前までは「クリーニングは自分でお店に出しに行くもの」という考え方が一般的でした。しかし、宅配クリーニングが登場してからはテレビでも取り上げられるほどの人気が出たのです。

その理由として挙げられるのが「便利さ」。宅配クリーニングはお店まで出しに行く手間も、取りに行く手間もありません。仕事で忙しいビジネスマンや妊婦の方、年配の方など、クリーニング店に行けない理由がある方にとって頼りになるサービスです。

もう一つが料金の安さ。宅配クリーニングは電話かメールフォームでの申し込みが中心。店舗型のクリーニング店と違いコストがかからないため、安い料金でサービスを提供することができます。

そして近年では宅配クリーニングだからこそできるサービスも登場してきました。

長期保管サービスはクローゼットの救世主

クリーニング店で人気を得ているのが長期保管サービスです。長期保管サービスはシーズンオフの衣類をクリーニング店で預かってもらうサービスのこと。住宅の中にはクローゼットがなかったり、あっても収納するスペースが作れなかったりする場合があります。そのうえ保管方法を間違えると衣類を傷めてしまう可能性も…。

そんなときに長期保管サービスを利用すればクローゼットのスペースも確保できますし、管理が行き届いているクリーニング店であれば衣類を傷める心配もありません。

一人暮らしの方や衣類を大事に保管したい方に人気のサービスです。

24時間対応!コンビニで簡単にクリーニング依頼

コンビニエンスストアを利用して、24時間好きな時にクリーニングに出せるサービスが登場しているのをご存知ですか?全国展開している有名コンビニエンスストアで対応可能で、メールフォームから申し込むだけで簡単に衣類の集荷依頼ができるサービスです。

クリーニングに出した後は希望の日時に受け取りができるので、仕事で忙しいサラリーマンやOLに重宝されています。

実際に頼んで決めた!
宅配クリーニング比較ランキング
どのサービスが1位?結果はこちら