安い宅配クリーニング全国マップ

クリーニングトラブル「破れ」の原因と対処法を知ろう

クリーニングトラブル「破れ」

クリーニングによるトラブルはさまざま。その中でも、よく起こりうるトラブルのひとつに挙げられるのが「破れ」です。せっかくお気に入りの衣類をクリーニングに出しても、破れた状態で返却されればショックに感じることでしょう。今回は、服が破れてしまう原因と対処法についてご紹介します。

服が破れる原因とは

せっかくクリーニングに出しても、破れた状態で返ってくる可能性もゼロではありません。なぜ破れてしまうのでしょうか。ここでは、クリーニングにおいて服が破れてしまう原因を4つご紹介します。

物理的要因

服に先の鋭いものや突起物などがあると、そこに衣類が接触して破れてしまうことがあります。とくに切断部が直線的で編目に沿っていないような破れは、こうした物理的要因の可能性が高いです。それだけでなく、スラックスの内股に起こりやすい摩擦による破れ、さらには折り目沿いに多い屈曲による破れなど、物理的な要因もさまざまです。

科学的要因

科学的な要因として挙げられる主な特徴は、薬品類の付着。漂白剤もしくは殺菌剤などに入っている「次亜塩酸ナトリウム」や除光液に入っている「アセトン」などが原因となることが多いです。素材によって、破れたり生地が弱くなったりすることも。とくに変退色しているような場合だと、科学的要因である可能性が高いです。

直火やたばこといった灰によるもの、さらにはアイロンや調理器具といった熱器具による熱により破ける可能性もあります。最近では、ポリエステルやナイロンといった耐熱性がより低いような衣類も増加しており、熱による服の破れの被害も多くなっています。

虫害

繊維害虫によって食害を受けることを「虫害」といいます。飲食物や汗など、汚れが残っていると食害される可能性も高まります。ウールをはじめ、さまざまな繊維が虫害に遭う可能性あるので注意しましょう。

家で洗濯しても破れてしまう原因とは

クリーニングはもちろんのこと、家の洗濯機で衣類を洗濯していても破れる可能性もゼロではありません。ここでは、洗濯機で服が破れる要因をご紹介します。

洗濯物同士が絡まったため

洗濯物同士が絡まってしまったため、衣類が破れてしまうことがあります。特に気をつけたいのがボタンのフックや装飾品関係。生地に引っかかりやすいので注意が必要です。

洗濯表示と異なる洗い方をしたため

服を洗濯する際は、タグについている洗濯表示を確認することが重要。ドライの洗濯表示にも関わらず標準コースで洗ってしまうと、破れにつながることもあります。洗濯するときは、しっかりとタグを確認して洗濯しましょう。

漂白剤と金属の化学反応により生地が薄くなったため

漂白剤と金属(腕時計など)は化学反応を起こします。それにより生地が薄くなってしまい、気づいたら破れているなんてこともあります。

服が破れないようにする対策法

このように、クリーニングにおいても家での洗濯においても破れてしまう原因は数多くあります。ここではクリーニング時、洗濯時に服が破けないようにする方法をお届けします。

素材の弱点を知る

クリーニングに出すとき、消費者の立場になってできることには、素材ごとの特性や弱点を知ることが挙げられます。摩擦や薬品による付着などさまざまな破れの要因に気をつけると、トラブルも起こりにくくなるでしょう。

洗濯ネットを使う

家で洗濯するとき、衣類が破れるトラブルを解消する方法として有効なのが「洗濯ネットを使うこと」。装飾があるような服などをネットに入れておくと、引っかかることも少なくなり破れにくくなります。

宅配クリーニングを利用するのも”アリ”

このように、衣類の破れの原因もさまざま。ぜひ対処法を参考にして、破れのトラブルをなくしていきましょう。ちなみに、こうした破れはクリーニングが原因になることもあります。電気アイロンの温度が高すぎたり、シミ抜き以外で次亜塩酸ナトリウムを使用して破れてしまうこともあるかもしれません。そんなとき選択肢のひとつに入れておきたいのが、「宅配クリーニング」。通常のクリーニングと変わらないクオリティで仕上げてくれ、それだけでなく業者が衣類を運んでくれるので非常に便利です。さらに仕上がりも早く、最短で2日ほど。「どこかいいクリーニングないかな」と探している場合は、ぜひ検討してみてくださいね。