安い宅配クリーニング全国マップ

クリーニング後の臭いの原因と対処法

メニュー

クリーニング後の臭いの原因と対処法

クリーニング後に帰ってきた服が何だか異様な臭いがする、と感じることはありませんか?クリーニング後の臭いトラブルの原因について紹介した後、その臭いを消す対策法について紹介します。

服が臭う原因とは

クリーニングから返ってきた服に嫌な臭いが残っている原因は、主に3つ考えられます。

  • クリーニング店での乾燥不足で溶剤が残っている
  • 溶剤自体の汚れが残っている
  • カビが生えた

それぞれについて細かく見ていきましょう。

クリーニング店での乾燥不足で溶剤が残っている

クリーニング店から戻ってきた服は、きれいな状態になっているはず。なのに、何だか変な臭いがあって、何とも言えない不快な気分になる、ということはないでしょうか。その臭いが石油っぽい臭いの場合は、ドライクリーニングで使用される溶剤の臭いなのです。

でも、クリーニング後にいつも同じ臭いがするかというと、そうではない場合も多々ありますよね。なぜ臭いが残る場合と残らない場合に分かれるかというと、その理由は「溶剤が残っているため」なのです。

ドライクリーニングでは、石油性の溶剤を洗剤代わりに使用します。この溶剤、水で洗い流すわけではなく、完全に「乾燥」させることで除去するのです。乾燥が足りないと溶剤が残り、あの嫌な臭いがついたままとなります。

多くの洗濯物を扱うクリーニング店では、効率よく早く溶剤を乾燥させるために、専用の乾燥機を使用します。このとき、乾燥機で完全に乾ききっていない厚手の服に、溶剤が残る可能性があるのです。

溶剤自体の汚れが残っている

クリーニング店で使用する溶剤は、使い続けていくとどんどん汚れが増していきます。この汚れは、都度特殊な方法で取り除きますが、汚れが完全に取り除けていない状態で再度ドライクリーニングに使用すると、服に変な臭いが残る原因となります。この場合の臭いは、甘酸っぱいような、石油臭とは明らかに違う臭いです。

カビが生えた

クリーニング店から戻ってきた服を、袋から出さずにそのまま保管していると、保管条件によってはカビが生えてしまい、カビ臭がついてしまいます。

服が臭うときの対策法について

服が臭う原因によって、臭いを取る対策法には違いがあります。それぞれの対策法を順番に見ていきましょう。

石油臭い場合は風通しの良い場所で自然乾燥

クリーニングから戻ってきてすぐの服が臭う場合の対策は、かかっているビニールを外した上で、風通しの良い場所にをかけておいて、自然乾燥させることです。溶剤を完全に乾燥させることによって、臭いの元は蒸発します。

甘酸っぱいような臭いの場合は再洗い

臭いが石油とは違う、甘酸っぱいような臭いの場合は、処理したクリーニング店が、溶剤をきちんときれいにしていないためです。この状態は、クリーニング店に問題があると言えます。

このような場合は、クリーニングを出した店に行って、きちんとクレームを入れた上で、再洗いを頼みに行くという方法もあります。ただ、再洗いしてもらっても同じ結果になる可能性もゼロではありません。そのようなクリーニング店で煩わしい想いをするよりも、信頼のおけるクリーニング店を探す方が良いかもしれません。

カビ臭の場合は自宅で漂白剤を使うかクリーニング店に相談

カビ臭の場合は、直ぐ他の服とは違う場所に移して、被害を最小限に抑えてください。自宅で洗える素材の場合は、漂白剤を使って落とすという手もあります。家庭での洗濯が難しい場合や漂白剤を使えない素材の場合は、クリーニング店に持って行って相談しましょう。

宅配クリーニングに相談するのも“アリ”

近場のクリーニング店でクリーニングを頼むと、たびたび石油臭や甘酸っぱい臭いがする場合、そのクリーニング店にはもう洗濯を頼まず宅配クリーニングに相談するという手段もあります。宅配クリーニングサービスは、口コミがたくさん寄せられていますので、サービスの良しあしがはっきりと見える点が特徴です。

都会にあるクリーニング店に比べて大きな場所を確保している宅配クリーニングサービスもあります。そのような場合は、服を乾燥させるため、機械を使わず服の傷みにくい自然乾燥をしていることも。常々、ドライクリーニング後の臭いが気になっているという人は、自然乾燥をウリにしている宅配クリーニングサービスを利用してみてはいかがでしょうか。