安い宅配クリーニング全国マップ

クリーニングによるトラブル 風合い変化の原因と対処法

「風合い」とは

クリーニングでよく起こりうるトラブルとして、テカリやアタリといった「風合い」の変化が挙げられます。学制服やスーツなど、気づいたら光っているような経験をした人も多いでしょう。そうした風合いの変化にはちゃんとした原因があります。今回は、風合いが起こる原因と対処法についてご紹介します。

風合い変化の原因とは

小物

どうしてテカリやアタリといった風合いが起こるのか疑問に思う人も多いでしょう。ここでは、学制服やスーツにありがちな風合いの変化の原因についてご紹介します。

テカリ・アタリとは

風合いの変化の代表的なものとして挙げられるのが「テカリ・アタリ」。これらは生地が潰れてツルッとした状態になることで、光に反射してしまう現象のことをいいます。ですが厳密にはテカリとアタリは発生原因は少々異なります。

風合いが起きてしまう要因とは

テカリは「摩擦」によって発生する現象。衣類を何度も着ていると、どうしても特定部分への摩擦や張力など負荷がかかってしまいます。そうするとやがて生地が潰れてしまい、光って見えるようになります。

一方アタリは、アイロンなどの「圧力」により生地が潰される現象を指します。つまり自然現象ではなく、仕上げなどに何かしらの問題があった際に起こる可能性があります。

つまり、テカリはごく自然に生じてしまうので避けられない現象ですが、アタリは仕上げ時など何か意図的な問題が起きた際に起こる現象だと覚えておきましょう。

光って見える原因とは

テカリやアタリによって生地の表面がツルツルになると、目に入る光の量が変わります。テカリやアタリがない衣類の場合は、表面が凸凹しているので光がさまざまな場所に屈折して反射するので、光っているように見えません。しかし表面がツルツルの場合、光がまるで鏡のように反射してしまうため、より多くの光が目に直接入ることで光って見えるのです。

風合いが変化したときの対処法

風合いの変化によって、光って見えたらいい気分はしないですよね。ここではテカリを目立たせない方法と、アタリを発生させない方法をご紹介します。

テカリを目立たせない方法

テカリは、何回も着ていると自然に発生してしまうので仕方がない部分もありますが、実際に発生してしまったときに目立たせない方法はあります。

スチームアイロンを使用すること

ウールなどの湿気を吸うと凸凹が開く特性があるので、汚れを落として繊維を歯ブラシなどで毛羽立てした後に、当て布をしてスチームアイロンをかけるとテカリが直ります。

テカリが目立たない服を着ること

黒や紺などの色であれば、テカリがあるときに目立ってしまうことも多いですが、白やライトブルーなどであればテカリが目立ちにくくなります。

こまめに洗濯すること

新鮮な水分を含むと、天然繊維が膨らみ元に戻りやすくなるので、こまめに洗濯してテカリが防げます。

アタリを発生させない方法

アタリの原因になるのは、アイロンもしくはプレス機などが原因になることが多いです。つまり、仕上げの技術もしくは設備に原因があるということ。ここで重要になるのがアイロンがけのやり方。ここでは、アタリの発生を防ぐ方法を2つご紹介します。

アイロン温度を低くする

化学繊維であれば、服の絵表示部分でアイロン温度を確認して指定の温度(低・中・高)より低い温度でアイロンがけしてみてください。熱により繊維が潰れると、元に戻りにくくなります。

アイロン時に下に厚いタオルを敷く

下にクッションがわりに厚いタオルを敷くと、生地が重なっている部分に集中して圧力がかかることを避けられることもあるでしょう。

宅配クリーニングを利用して風合い変化を防ごう

いざクリーニングに出しても、返却した衣類にテカリやアタリといった風合いの変化があったらショックですよね。そんなときにおすすめしたいのが「宅配クリーニング」。店舗型のクリーニングと変わらないクオリティであると同時に、「24時間申し込み可能」「業者が衣類を運んでくれる」「最短2日で仕上げてくれる」など、宅配クリーニングだからこそ享受できるメリットが数多くあります。ぜひ宅配クリーニングもひとつの選択肢に入れて、風合いのトラブルから解放されませんか。