安い宅配クリーニング全国マップ

肌がチクチクする原因と対処法

メニュー

肌がチクチクする原因と対処法

スーツや洋服だけじゃない宅配クリーニングで頼めるアイテム

服がチクチクする

服がチクチクする

「クリーニング前には感じなかったのに、何だか肌がチクチクする…」と感じたことはないでしょうか。肌への刺激を感じて見てみると、皮膚が赤くなっているという経験をした人もいるかもしれません。このページでは、クリーニングから返ってきた服を着たときに肌がチクチクする原因と対策法についてまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

服がチクチクする原因とは

クリーニングから返ってきた服を着てみると肌はチクチク感じるのはとても嫌なものですよね。どうして肌がチクチクしてしまうのでしょうか。その原因は主にこの4点です。

  • 冬期で肌が乾燥している
  • 汗をかいていて皮膚が敏感になっている
  • クリーニングにより素材がゴワついた
  • ドライクリーニングで使った溶剤が残っていた

季節や服の性質によって肌自体が敏感な状態になっている場合もあれば、着用する服の方に問題がある場合も。それぞれの原因について、もう少し細かく見ていきましょう。

冬期で肌が乾燥している

寒い季節になると、肌が乾燥してきますよね。乾燥した肌はとても敏感で、少しの刺激もチクチクとした刺激として感じてしまいがちです。そのため、クリーニングから返ってきた服を着たときにチクチクした感覚になる場合があります。

汗をかいていて皮膚が敏感になっている

逆に、汗をかいている場合も皮膚は敏感になります。通気性のあまり良くない混紡のニットを着ていると、汗が表に逃げていかず、じめじめとした状態に。この状態になると、少しの刺激でも敏感になり、チクチクとした刺激を感じてしまいます。

クリーニングにより素材がゴワついた

新品の状態や柔軟仕上げをした衣類は、チクチクせずに気持ちよく着られます。しかし、クリーニングに出したときに柔軟仕上げを頼んでおかなかった場合、繊維はゴワついた状態になって戻ってきます。当然ながら、肌にチクチクとした刺激を感じる状態になるという結果に。

ドライクリーニングで使った溶剤が残っていた

上記とは関係なく、クリーニングから戻ってきてすぐの服に袖を通して刺激を感じる場合もあります。肌へのチクチクだけでなく、皮膚が赤くなるほど刺激が強く、服から石油臭がする場合は、服にクリーニングの溶剤が残っていたと考えられます。

肌のチクチクをなくす対策法

ここまでで説明してきた4つの原因には、それぞれ対策があります。原因に応じた対策法で、肌へのチクチクを解消しましょう。

冬期で肌が乾燥している

刺激の強いウールなどの素材は、直接肌に当たらないように下着を工夫しましょう。綿100%など刺激のないカットソーなどをうまく使うことでチクチクは避けられます。また、チクチクを感じやすい部分は保湿をしてあげるとチクチクが和らぎますので、ボディクリームや乳液など、保湿成分を補うようにしてくださいね。

混紡ウールは避けウール100%で繊維の細かいニットを選ぶ

汗がこもりやすい混紡ウール素材は避け、繊維の細かい天然毛100%のニットを選ぶと、通気性がぐんと良くなり、チクチクとした刺激はあまり感じなくなる可能性が高いです。

クリーニングする際に柔軟仕上げを頼もう

ニット類をクリーニングに出すときは、柔軟仕上げをお願いしましょう。有料のクリーニング店が多いですが、肌への刺激は格段と少なくなりますのでおすすめです。

クリーニング直後は風通しの良い場所に1日置いてから着る

クリーニングから返ってきた服は、溶剤が残っている可能性を考えて、ビニールを外し風通しの良い場所に1日吊り下げておいてから着用しましょう。溶剤が蒸発して、肌への刺激もあまり感じない状態になるでしょう。

宅配クリーニングを利用すればチクチクがなくなる

クリーニング店でお願いできる柔軟仕上げは、宅配クリーニングでもお願いできます。さらに、宅配クリーニングサービスの中には、他店との差別化を図るために、柔軟仕上げを無料で対応しているところも。

宅配クリーニングサービスはすごく時間がかかるのではないか、と思っている方もいるかもしれませんが、実際は通常のクリーニング店とあまり変わらないスピードで仕上げてもらうことも可能です。忙しい人には、受け取りも引き取りも自宅まで来てもらえる宅配クリーニングはとても便利なのではないでしょうか。肌がチクチクする服は、宅配クリーニングで柔軟仕上げをお願いしてみるのもおすすめですよ。

宅配クリーニング比較ランキング